この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

引き締まった投手戦!関東一 1番打者・井坪の投打にわたる活躍で初戦突破



関東一・井坪陽生

 試合前のスタメン発表で「1番ピッチャー井坪君」とアナウンスされると、球場がざわついた。昨年の秋は4番でも起用された井坪 陽生であるが、この夏はメンバーから外れていた。それが、大谷 翔平のように1番・投手で戻ってきたのは、驚きだった。「中学時はピッチャーもやっていたので、投げることもできます」と関東一の米澤貴光監督は語る。

 一方東京成徳大高には、3年生に岩井 拓巳という好投手がいた。公式戦はほとんど岩井が投げていたので、新チームでは、投手の経験不足が懸念されたが、新エースの須藤竜童は、そんな懸念を吹き飛ばす好投手だった。

 試合は両投手ともテンポよく投げて、序盤から投手戦を予感させた。井坪は地肩の強さを感じさせる力強い球を投げれば、須藤も落ちる球をうまく駆使して関東一を抑えた。

 東京成徳大高は4回表、1番・西絆斗が四球、2番・羽吹薪之介の左前安打で無死一、二塁のチャンスをつかむが、二塁走者の西は飛び出したところを捕手からの牽制で刺され、羽吹は二盗に失敗し、チャンスを生かせなかった。関東一の捕手・富岡 大阿の強肩が光った。

 その裏関東一はこの回先頭の2番・柳瀬冬和が中前安打で出塁すると、相手バッテリーの警戒を物とせず、二盗に成功。しかし3番・須藤 彪の鋭い当たりは投直となり、二塁走者の柳瀬が飛び出し併殺となった。

 息詰まる投手戦。5回が終わって打たれた安打は、関東一の井坪は1本、東京成徳大高の須藤は2本だけで両チーム得点なし。そんな均衡が破れたのは6回裏だった。一死後関東一は2番・柳瀬が四球で出塁すると、すかさず二盗に成功し、3番・須藤の右前安打で柳瀬が生還する、関東一らしい効率的な点の取り方で1点を先制した。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています