この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

八王子実践 齋田の満塁ランニング本塁打で勝ち越し!八王子対決を制す



八王子北・伊藤智哉

 八王子の都立と私立の対決。都立八王子北の伊藤智哉は春季大会で東海大菅生相手に好投するなど、実績を残している。八王子実践の河本ロバート監督も、「ロースコアの試合を予想していました」と語る。確かに3回表に都立八王子北の伊藤は三者三振に抑えるなど、序盤の3回は得点が入らなかった。

 重いボールをつかむなどのトレーニングをしてきた伊藤は、春より球は速くなっている。八王子実践の先発・宮蒼輔も丁寧な投球で序盤3回は両チーム得点が入らなかったが、中盤以降はやや荒れた展開になった。

 4回表八王子実践は二死一、二塁から6番・眞壁宏翔の左前安打で二塁走者の阿部幹士が一気に本塁を狙ったが、挟殺プレーになった。しかし挟殺プレーの乱れで阿部が生還し1点を先制する。さらに5回表八王子実践は内野安打2本を含む安打3本を連ね満塁とし、2番・阿部が左中間を破る二塁打で、3人の走者が生還した。

 しかしその裏都立八王子北は、9番・松島友希の二塁打を皮切りに、1番・小山内琉宇の内野安打の後、2番・山越巧夢の二塁打でます1点。なお二、三塁の場面で、宮のワイルドピッチで三塁走者だけでなく、二塁走者も生還した。さらに3番・大石飛翔の中前安打の後、4番・雨宮空我の中前安打を中堅手が後逸し、大石が生還して雨宮は三塁に進む。

 加えて、6番・押田悠之介の左飛を左翼手が落球してさらに1点が入り、この回5点。都立八王子北が一気に逆転した。外野手の失策は、そのまま得点につながる。ただ八王子実践のグラウンドは外野手の練習ができる広さはなく、その上コロナの影響で、普段借りているグラウンドが使用できず、外野の練習はほとんどできなかった。

 「外野手のことはどうしようもできない。そこは頑張ろうということです」と、河本監督は語る。練習ができない以上、外野手の失策は責められない状況にある。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています