この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

都立豊多摩 序盤は互角の展開! 7回 東海大菅生・鈴木悠の三塁打で力尽く



東海大菅生3番 鈴木悠平

 コールド負けで善戦という言い方は失礼かもしれない。それでも、この夏の西東京大会優勝のメンバーが多く残る東海大菅生に対し、4回まで0対0の展開に持ち込んだ、都立豊多摩の健闘が光った一戦であった。

 都立豊多摩はこの秋から、夏は責任教師であった増島賢保が監督になり、監督であった平岩了が助監督になるという新体制になった。増島監督は、「相手に力をフルには出させないことを意識してゲームに臨みました」と語る。東海大菅生は走れる選手が揃っている。

 しかし1回裏1番の小山 凌暉が四球で出塁したが、牽制で刺され、まず自慢の足を封じられた。都立豊多摩の先発・新木泰成は、「緩急で打ち取ることを意識しました」と語る。新木は、球速はさほどないが、東海大菅生は遅い球にてこずった。その点では、まさに狙い通りの展開であった。

 とはいえ、東海大菅生をさらに慌てさせるには、序盤に得点が欲しかった。東海大菅生は背番号3ながら、夏の大会でも登板している多井 耶雲が先発した。けれども東海大菅生の若林弘泰監督が、「多井がもう少しピリッとしたピッチングをすると思っていました」と語るように、内容的には今一つであった。

 2回表には死球と味方の失策に暴投が重なり、二死二、三塁のピンチを招き、3回表には一死後、都立豊多摩の1番・山内結太郎、2番・福田泰成に続けて安打を打たれ、3番・藤曲眞平の一ゴロで二死二、三塁のピンチを招いた。それでも得点は許さなかったが、4回からは多井は背番号通り一塁につき、マウンドには1年生の島袋俐輝が上がった。

 5回表都立豊多摩は一死後、9番・新木、1番・山内の連打で一、二塁としたが、2番・福田が併殺に倒れた。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています