この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

東京が東亜学園撃破!投手・捕手・4番担う河瀬が投打で躍動



完投勝利を果たした河瀬 康太(東京)

 3日、ネッツ多摩昭島スタジアムの第二試合では、東京東亜学園を5対3で破り初戦突破を決めた。

 東京の先発は背番号2をつけた河瀬 康太。投手と捕手を兼任し、打線では4番に座る今年のチームの柱だ。2回に東亜学園8番・齋藤 颯真に犠飛で先制を許す。4回にもエラーが絡み2失点を喫し3点のビハインドを背負った。それでも5回以降は1安打のみに抑え、立て直した。

 主導権を握られた東京だったが5回、地区予選は6、7番を打っていたが不調で9番に回った佐藤 明登が二死満塁の好機に左越えへ走者一掃の3点適時二塁打を放ち試合を振り出しに戻した。

 流れを掴んだ東京は6回、ここまで粘投の4番・河瀬の適時打で勝ち越しに成功。続く5番・小田 葵もスクイズを決め2点のリードを奪い試合を決めた。

 夏8強の強豪・東亜学園は先制するも、ミスが目立ち精彩を欠いた。また前チームから主力として活躍し、武田朝彦監督が「唯一どんな投手が相手でも対応してくれる選手」と期待を寄せていた藤沢 光内野手が肉離れで欠場。打線も河瀬の前に3安打と沈黙した。打線に対して武田監督は「彼(河瀬)レベルの投手を打ち崩せないと、勝ち上がることはできません。まだまだ勝つ資格がないです」と選手たちに奮起を促した。

 今年のチームを率いる阿出川 璃大主将も「藤沢がいないからこそ、という思いでしたが、自分の責任です」と悔しさを滲ませた。2つ上の兄・阿出川 瑠己は同じ東東京の帝京でプレーしていた。兄のいた「帝京を倒したい」という思いで東亜学園の門を叩いた。「恥ずかしい試合をしてしまったので、勝つにふさわしいチーム作りをしていきたい」と東東京を代表する強豪のプライドを胸に闘志を燃やした。

(記事=藤木拓弥)


2回裏、8番・齋藤 颯真の犠飛で東亜学園が先制

5回表、同点の3点適時二塁打を放った9番・佐藤 明登(東京)

6回表、勝ち越しの適時打を放つ4番・河瀬 康太

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。