この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

堀越の本格派右腕の好リリーフで延長11回サヨナラ勝ち



堀越・加藤宇

 東東京の実力校・堀越と西東京の都立の雄・都立東大和の一戦。両校は8月に練習試合を組んでおり、力試しを行っている。

 試合は試合時間3時間27分に及ぶ熱戦となった。

 まず先制したのが堀越だ。2つのエラーで1点を先制。
 しかし都立東大和堀越の先発・佐藤虎ノ介を捉える。2回先頭の5番・廣嶋 陽樹の安打をきっかけにチャンスを作り、8番・高木 康太郎の適時打で1点を先制し、一死満塁から1番・谷 航希が走者一掃の適時三塁打を放ち、4対1。

 さらに2番・山本 悠太の適時打で5対1とてリードを広げた。都立東大和の福島監督によると、今年は打力に自信がある選手が多く、ボールの軌道に合わせる選手が多いと語る。体格自体はそれほど大きいわけではないのだが、スイングが実にコンパクトで、最速で120キロ後半の速球を投げ込む左腕・佐藤に対しても、しっかりと対応ができていた。

 堀越は4回裏に相手のミスがからみ、ノーヒットで3点を返し、5対4と1点差に迫り、 6回木村 元輝の適時打で試合を振り出しに戻す。

 堀越は5回途中から登板した加藤宇(そら)が力投。182センチ74キロと上背があり、小田川監督によると、春から夏にかけて急成長した本格派右腕だという。

 勢いのある投球フォームから投げ込む直球は常時130キロ〜136キロのストレートは威力があり、角度のある球質なので、見応えがある。120キロ中盤のカットボール、少しスピードを落としたスライダーもキレがあり、前評判通りの好投手だった。

 ただ、加藤は「変化球の制球力が甘くなってしまいました」と反省していたが、ここぞという場面で投げる切れ味抜群のスライダーで三振を奪う投球は見応えがあった。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています