この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

今年の早稲田実業もポテンシャルが高い選手が続々。23年ぶり都大会出場の都立新宿に5回コールド勝ち



細谷 俊輔(早稲田実業)

 前チームの早稲田実業といえば、清宮 福太郎などタレント揃いのチームだった。今年も魅力的な選手が多い。

 まず1回裏、早稲田実業は5番細谷 俊輔の適時二塁打で2点を先制すると、2回裏には一死満塁から2番・三戸 優也の犠飛で1点を追加。3回裏には5番細谷 俊輔の適時三塁打から1点を追加し、2つの犠飛で6対0とすると、4回裏にも5番細谷の一塁適時打と6番深谷 空の適時打などで3点を追加した。

 そして5回裏には投打の柱として期待される4番石島 光騎の「サヨナラ安打」で10対0の5回コールド勝ち。早稲田実業が初戦突破を決めた。

 この試合で光ったのは3安打2長打を記録した細谷の打撃だろう。182センチ80キロと恵まれた体格をした左の強打者で、ゆったりとした構えから滑らかなレベルスイングをする。

 「ボールのラインに対して合わせることを意識しています」と語るように、そこに合わせるのが非常に上手い。武蔵府中シニア時代は安藤 岳(横浜)とともにクリーンアップを打っていた。和泉監督は入学から細谷のポテンシャルの高さを期待していた。ようやくそれが発揮できるようになったのが、この秋からだった。

 和泉監督は「打撃も良いですが、足、肩も良い選手。だんだんそれが発揮できるようになってきた」と初戦の結果を評価。目標とする選手は柳田 悠岐(福岡ソフトバンク)。これからもスケールアップすることができるか注目だ。

 また、投打の柱である石島は躍動感のある投球フォームから常時120キロ後半〜133キロの直球と、120キロ超えのスライダー系の変化球のコンビネーションを得意とする右腕で、好投手として推していいものがある。次の2回戦は関東一と大一番。和泉監督はどんな場面でも自分の役割を理解して動けるメンタリティーを求める。

 「この試合については、選手それぞれが自分の役割を理解して動けていました。ただそれは早めに先制して良い入りができていました。次の相手はそれが難しいチームですが、それでもしっかりと理解して動けるか注目していきたいと思います」

 この日は一発がなかったが、チームでも、もっとも本塁打を打てる壽田 悠毅などパワフルな打者が揃う。どんな試合になるか楽しみだ。

 敗れた都立新宿は23年ぶりの都大会を勝利で飾ることができなかった。田久保監督は「夏休みから必死に練習してきて、入学当時から見違えるような成長を見せてくれました。

 また早稲田実業の和泉先生は12年の甲子園塾でお世話になり、いろいろなことを勉強させていただきました。こうしてグラウンドで真剣勝負ができて良かったです」

 これまでの対戦した相手にはなかったパワーとスピードを体感している様子だった。都大会に出たことで来春の都大会も出場できる。この日出た課題を解消すべく、勝負の冬に臨む。

(記事=河嶋 宗一

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。