この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

佼成学園 好機に長打で日大鶴ケ丘を圧倒!主将・重藤の2ランで主導権



佼成学園4番 重藤琳太郎

 杉並区の強豪対決。佼成学園は大貫 秀一郎、日大鶴ヶ丘は河野 集とともに左腕投手が先発した。

 1回表佼成学園の大貫は、三塁手・吉川 龍斗の好守備もあって、日大鶴ヶ丘を三者凡退に抑える。

 日大鶴ヶ丘の左腕・河野に対し、佼成学園の先発は6人が左打者。「いい選手はほとんど左。普段から左投げに慣れさせています」と佼成学園の藤田 直毅監督は言う。日大鶴ヶ丘の河野は1回裏、佼成学園の1、2番の左打者を打ち取る順当な立ち上がり。しかし3番のやはり左の吉川が中前安打を放つと、4番で主将の左打者・重藤 琳太郎がライトスタンドに叩き込む2ランを放ち、佼成学園が2点を先制した。「インコースのスライダーを引っ張りました」と重藤は言う。一方打たれた河野は、「2アウトを取って、気の緩みがありました」と語る。

 初回は打たれたものの、日大鶴ヶ丘の河野は横手投げ特有のチェンジアップ系の球を効果的に使い、2回、3回は得点を与えない。一方佼成学園の大貫は、細い体を鞭のようにしならせて、力をある球を投げ込む。

 4回裏佼成学園は、3番・吉川、4番・重藤の連打に、6番・松本 幸士が四球で満塁。続く数少ない右打者である7番・湧嶋 陽太が二塁打を放ち満塁の走者が生還する。

 ここで日大鶴ヶ丘は投手を右の中村 有佑に交代したが、5回裏、中村、それに交代した佐々木 大雅と2人の投手が3四球で満塁のピンチを招き、佼成学園は松本が走者一掃の三塁打を放ち、8-0とした。 6回表日大鶴ヶ丘は安打3本を連ね1点を返したが、反撃もここまで。佼成学園が8-1、7回コールドで日大鶴ヶ丘を下した。

 得点は8-1で佼成学園が勝ったが、安打数は日大鶴ヶ丘が8本、佼成学園が7本でむしろ上回っている。日大鶴ヶ丘の津田 寛行監督代行(萩生田 博美監督は体調不良)は、「あと1本が出ませんでした。一から出直しで、頑張りたいです」と語り、主将でもある先発投手の河野は、「この悔しさを忘れず、春に取り返したいです」と語った。日大鶴ヶ丘は、この夏こそ早々に敗れたが、もともと秋から春、春から夏と確実に力を上げてくるチームだ。点差ほどの力の差はないだけに、春以降の健闘を期待したい。

 一方勝った佼成学園は重藤の2ラン、湧嶋、松本の満塁の走者一掃の長打と、チャンスの効果的な一発で勝利を物にした。また守備もしっかりしており、ピンチを未然に防いだ。藤田監督も重藤主将も、今後に向けては「一戦一戦大切に戦いたい」と口を揃えた。次は強打の駒大高。相手の攻撃力にどう対抗するか。興味深い一戦になりそうだ。

(記事=大島 裕史)




PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。