この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

足立学園、142キロ右腕が完投勝利 選手9人・都立大島に吹き込む強豪校の風



足立学園先発・木下 祥優

 2日、江戸川区球場の3試合目は足立学園都立大島が対戦。都立大島は選手9名と、人数だけを見ればギリギリだが、それを感じさせない活気があった。それを足立学園が受けて立つような形だが、試合は緊迫の展開となった。

 足立学園が初回に先取点を奪って1対0で迎えた2回、8番・井上煌陽の一打などで3点を追加。3回までで5対3とリードを広げた。

 5回にも9番・折山大輔の内野安打などで2点を追加した足立学園の先発はエースナンバーを付けた木下 祥優。6回に2点を失うと、7回には一死二塁とピンチが続く。しかし、ここは8番・山下楓月、9番・新渡戸漣を連続三振。初回から見せてきた快速球、そして切れ味抜群の変化球のコンビネーションでスコアボードに0を刻んだ。

 そのまま7対5で勝利した足立学園とすれば、後半から都立大島の猛追を受ける苦しい試合展開だった。それだけに9回を投げ抜いたエース・木下はマウンドでかなりの重圧と戦う形になったが、何とか投げきったというところだろう。

 足を上げてからバランスよく立つと、左腕を真っすぐキャッチャー方向に出して目標を定める。そこからスムーズな重心移動で動いていくと、着地と同時に鋭く腰を回転させて、思い切り腕を振り抜く。自己最速142キロだという強烈な真っすぐを軸に、都立大島打線を勝負どころで抑えていた。

 この真っすぐがあるから、鋭く変化するスライダーも活き、この試合で被安打5本も、奪三振9つという結果を残せた。

 木下は「今日は開きが早くなってしまい、制球に苦しみました」と本調子ではなかったと振り返る。途中から脱力をして、打たせる投球に切り替えて、コースを狙い過ぎないようにしてゲームを作ったが、この試合の投球には満足している模様は全くなかった。

 指揮官の塚本監督は「予選でも連投させてほしいと直訴してきたので、1人立ちはしてきています」と信頼を寄せている。ただ現在に至るまでには挫折もあった。

 旧チームから登板していた木下は、練習試合で2桁失点が続く時期があったとのこと。先輩たちへ迷惑をかけたことを反省して「自宅近くの公園で短ダッシュなど走り込みをしました」とひたすら走りこんできた。

 またフォームの中では体の開きを抑えるため。そしてトレーニング方法を参考にするために、山本 由伸投手(オリックス)の動画を見られるそうだが、それらの要素が噛み合い、夏の大会前から「頭角を出してきました」と塚本監督の目から見てもわかるほどの成長ぶりを見せ、新チームからは信頼されるエースとなった。

 次戦の修徳戦ではどういった投球を見せるか楽しみにしたい。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています