この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

21安打が飛び出す乱打戦 矢崎 蒼空の勝ち越しホームランで駒大高が2回戦へ



勝ち越しホームランを打った駒大高・矢崎 蒼空

 2日の江戸川区球場は、駒大高大森学園の対戦。どちらも攻撃陣が活発で、スコアを見ても、互いの攻撃力の高さは窺い知れる事実だろう。

 試合は、2回まで0点が並んだが、3回に駒大高が5番・矢崎 蒼空の死球などでチャンスを作ると、7番 ・竹田 壱茶のタイムリーなどで5点。5回にも3点を追加するなど、前半を8対3で駒大高がリードする。

 ただ後半、大森学園の反撃を受け、8対6で迎えた7回に3番・山崎 祥貴のタイムリーなどで8対8の同点となる点数の取り合いとなる。

 延長戦も視野に入る中で迎えた9回、駒大高は5番・矢崎 蒼空がレフトスタンドに飛び込む勝ち越しホームランを放ち、9対8。さらに1点を追加して10対8と試合を決めた。

 駒大高はブロック予選でも見せた攻撃力の高さを発揮。各打者がしっかりと軸足に重心を乗せて待つことができていた。打席の中でのボールの待ち方の良さが、好調に繋がっているのだろう。

 そのことについて矢崎は、「川端監督からチーム全体へ教えられていることの1つです」と一貫して軸足に重心を乗せてボールを待つことを意識していることだった。実際、矢崎であれば、「右の股関節に溜めておいて、左の踵が着地した時に、左足を壁にしつつ重心を移す」ように心がけているという。

 そんな5番・矢崎は、旧チームからの経験者。夏の大会は市川 祐関東一)からホームラン。そしてこの試合は高校通算5本目となる勝ち越しのホームランを打ったのもうなずける選手だった。
 捉えてからのフォロースイングが大きく、しっかりと軸で回転することができる選手だった。追い込まれてからの対応力も高く、ただではアウトにならないバッターだ。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています