この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

スイング150キロの強打者・佐藤大空ら中軸が爆発 7回コールドで修徳が初戦突破



ホームインして笑顔でベンチに戻る修徳・佐藤 大空

 2日より秋季東京都大会が開幕。江戸川区球場では、この夏の東東京大会でベスト4まで勝ち進んだ修徳都立紅葉川が対戦した。東東京同士の対決を振り返っていくと、両チームともに打線が光るチームだった。

 試合は初回、都立紅葉川は4番・島津 青波の一打などで2点を奪う。直後、修徳も4番・牧野 颯太の一打などで点数を奪い、3対2と修徳がリードして迎えた2回、4番・牧野が追い込まれてから高めに浮いたボールを叩き、ライトスタンドに運ぶホームランで6対2とリードを広げた。

 これで都立紅葉川の勢いを止めると、修徳先発・篠崎 国忠が好投を見せる。191センチの長身を生かした角度を付けた勢いある真っすぐを中心にアウトの山を重ねて、試合のペースを渡さない。

 4回には注目のスラッガー・佐藤 大空にタイムリーが生まれて8対2と6点差までリードを作ると、7回にダメ押しとなるタイムリーを7番・若松 恭佑が放ち、9対2とコールドが成立。修徳が2回戦進出を決めた。

 まず勝利した修徳は、中軸の厚みが良かった。
 旧チームから注目されてきたスラッガー・佐藤が3番に座る。ヘッドの重みを上手く使って、打球を飛ばしていくバッティングは今も健在。第1打席はレフト線を破るタイムリーを放って見せたが、この時も上手くヘッドを利用して鋭いスイングで、ライナー性の打球を飛ばした。

 4番に座る牧野は、隙の少ない構え方が印象的な打者だ。ボールの軌道に上手くバットを入れてミートさせる高い打撃技術も光る。2回にはライトフェンスに突き刺すホームランを放って見せたが、3番・佐藤に代わって4番に据えたくなるのも納得いく打者だ。

 最後は5番・大越 椋。軸をあまりぶらすことのない安定したスイングで、広角に打ち分けられる器用さがある。加えてしっかり上からバットを出すことができており、技術的に光るものを感じさせる打者だった。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています