この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

八王子実践、主将・阿部の本塁打などで淑徳巣鴨を破り都大会進出



本塁打の八王子実践・阿部幹士

 ともに1次予選の初戦に大勝した八王子実践淑徳巣鴨の対戦。両チームとも力はあったが、淑徳巣鴨にとって悔やまれるのは、初回の失策であった。

 1回表八王子実践の1番・矢口丈一郎は三ゴロ。これを淑徳巣鴨の三塁手が一塁に暴投。ミスの連鎖もあり、矢口は一気に三塁に進む。2番・阿部幹士の四球に続き3番・辻大翔の左前安打で1点を先制し、なおも一、三塁のチャンスで、4番・青木純平の右犠飛で1点を追加した。

 それでも淑徳巣鴨は3回裏、中前安打の2番・磯川和央がすかさず盗塁して、4番・坂倉陸仁の左前安打で1点を返す。

 淑徳巣鴨の先発、背番号12の宮西聡史は、初回に2点を失ったものの、その後は力のある球で好投する。「エースが負傷しているのですが、(宮西が)予想以上によく投げてくれました」と、影山琢監督は語る。

 対する八王子実践の先発・河本慎之介も背番号は二桁の10。フォームに力感はないが、リリースの瞬間に力を入れ、伸びのある球を投げて、4回以降はなかなか得点を与えない。「もともとピッチャーではありませんでした。打たれても向かっていくことと、リリースのところだけ意識させています」と河本ロバート監督は言う。

 2、3、4回と淑徳巣鴨の宮西に抑えられていた八王子実践であったが、流れを呼び戻したのは、主将の一発だった。5回表の一死後、2番の阿部が振り抜いたライナー性の打球は、ライト柵越えの本塁打になった。

 その後も八王子実践は、6回表は5番・真壁宏翔の二塁打などで1点を追加。8回表は真壁への代打・磯見夏楓が左前安打で出塁し、犠打や敵失など生還してさらに1点を追加する。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています