この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

都立小山台、松川の投打の活躍で守備が乱れた世田谷学園に大勝



都立小山台・松川侑聖

 岩倉高校の西東京グラウンドで行われた第9ブロックには、國學院久我山都立日野二松学舎大附世田谷学園岩倉都立小山台と、本大会と遜色がない、強豪が集結した。その中で、A代表は國學院久我山、B代表は二松学舎大附がなり、本大会出場を決めており、残るはC代表。代表決定戦は、この夏の西東京大会ベスト4の世田谷学園と、東東京大会ベスト8の都立小山台という、どちらが本大会に勝ち進んでもシード校になるという、1次予選では異例の好カードになった。

 世田谷学園の先発、背番号11の角井 優が1、2回を三者凡退に抑えれば、都立小山台のエース・松川侑聖も、2回に世田谷学園の5番・加川大海に二塁打を打たれたものの、危なげなく後続を断ち、無失点で切り抜けた時は、両チームの監督とも、接戦になることを予想した。

 特に都立小山台の松川は、「前の試合は前半、変化球で守りに入っていましたが、後半から攻めのピッチングに変えました」と言うように、ストレートで押していく投球。初戦の岩倉戦の立ち上がりは、変化球に頼って投球のリズムが悪かったが、岩倉戦の後半にみせた攻めの投球が、この試合にも受け継がれ、躍動感があった。

 一方世田谷学園は、本来は二見純太がエースであるが、「肩の状態が悪いです」と語る世田谷学園の成瀬智監督は、「角井先発で、何とか守っていこうと思っていました」と言う。しかしその守備が乱れ、自滅した形になった。

 3回表都立小山台は、一死後8番・松川が左前安打で出塁すると、9番・江本直樹は中飛。中堅手は飛び出した松川を刺そうと一塁に送球するがこれが暴投になり、松川は二塁に進む。続く1番・田中悠太郎は三ゴロ。三塁手は夏も経験している佐藤 駿だけに、これでチェンジと思われたが、一塁送球が暴投。松川が生還して、都立小山台が1点を先制する。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています