この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

エース林11回完投勝利で本大会の切符掴む。1年生4番に決勝打!



都立日野台先発・林 慈央

 日大二高立川グラウンドの第一試合では都立日野台昭和一学園との代表決定戦が行われ、都立日野台が5対3で延長11回を制し本大会への切符を掴んだ。

 先制したのは昭和一学園だった。初回に3番・森 泰河、5番・佐甲 颯大の長打2本で2点を挙げた。そこからは都立日野台先発・林 慈央、昭和一学園先発・大山 恵史の両エースが粘りの投球を見せる。

 しかし6回、都立日野台は1年生の4番・佐藤 悠真の適時二塁打で1点を返し、7番・佐野 太洋の犠飛で同点に追いついた。

 試合は延長戦に突入する。10回には両チームともに1点を挙げ一歩も譲らない。タイブレーク突入もよぎったが11回表に都立日野台は一死一、二塁の好機に4番・佐藤悠が左越えの2点適時二塁打を放ちこれが決勝点となった。

 決勝打の佐藤悠は、「打席では集中できていました。林さんがいいピッチングをしていたのでなんとしてもランナーを返そうと思っていました」と甘く入ってきた内角の直球を逃さなかった。11回完投の林は「初回は直球を打たれたので、変化球主体の投球に修正して抑えていくことができました」と器用な投球が光った。

(記事=編集部)

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています