この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

193センチ右腕から台湾留学生左腕のリレーで郁文館が快勝!



郁文館2番手・姚

◆2年生左腕がベールを脱ぐ

 過去に甲子園に導いた経験を持つ相原 健志氏がこの春から郁文館のコーチに就任している。元プロ野球選手である田中 幸雄監督とのタッグで注目されているが、選手にも気になる投手がいる。台湾から留学している2年生左腕・姚柏宇の存在だ。

 春先の取材時に見つけた投手だが、その時からキレの良いボールを投げていた。主戦力で投げることが出来れば、面白い存在ではないかと密かに楽しみにしていたが、いい意味で予想を裏切る投手たちが出てきた。

◆193センチ右腕が試合のリズムを作る

 先発のマウンドを任されたのは背番号10の右腕・森 脩真だった。

 193センチの一際目立つ長身から繰り出すボールで、3回まで危なげない投球を披露。4回に区立九段中等の2番・久保 開と3番・喜多村 篤哉の連打などで一死一、三塁とピンチを招いたが、キャッチャー・小沢 大輔の好プレーもあって無失点で切り抜ける。

 ピンチをしのいだ直後の攻撃では、4番・小沢の死球からチャンスを作る。その後、一死二塁にすると、6番・水野 雄太のタイムリーなどで2点を先制した。

 援護をもらったマウンドの森は6回一死を取ったところで、エース・姚にマウンドを譲った。

 引き継いだ姚は、一死満塁とピンチだったが、6番・若山 陽は詰まらせてショートゴロ。7番・岸田 淳志は三振と力で押し込んで抑えた。

 8回に1点を失ったものの、打線が姚を援護してくれたこともあり、8回終わって6対2。4点リードで最終回に入ると、打者3人で抑えてゲームセット。郁文館が2人の投手の継投で勝利した。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています