この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

エース花田が2戦連続完投勝利!豊南が本大会出場決める



豊南先発・花田 大知

 12日、桜美林高校桜グラウンドでは、豊南都立成瀬を7対3で下し、本大会進出を決めた。豊南はエース花田 大知がこの日も先発のマウンドに登った。前戦では穎明館を相手に延長10回完封勝利を収めている。高校時代に早稲田実業で甲子園出場経験がある弓田 鋭彦監督(早稲田実業ー早稲田大-日本石油<現ENEOS>)も花田については「四球で崩れることはないので、一番信頼できる投手です」と語る。

 その花田は「今日は調子が良くなかった」と序盤は無失点で抑えるも、終盤は都立成瀬打線に痛打され3失点を喫した。それでも打線が7回に2点、9回にも2点を挙げエースを援護。その後、リードを許すことはなかった。

 初戦では無安打だった女房役の主将・溝口 公啓が、この日は3安打をマーク。バットでもチームを牽引した。花田については「コントロールがいいので、本大会でもしっかりコースを使って抑えていければ」と大黒柱を巧みにリードする。花田も「自分のスタイルは変えず、精度を磨いて強豪相手にも通用できる投球がしたい」と力強く語った。この一次予選2試合の結果を自信に替えて本大会へ挑む。

(記事=編集部)

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています