この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

初回だけで四死球6 学習院の自滅で都立江戸川が5回コールド



江戸川・竹川葉流

 ともに1回戦をコールドで勝ち上がった都立江戸川学習院高等科の一戦。しかし学習院は、1回表のエース・本多伯行の乱調で、自滅した形になった。

 1回表都立江戸川は、1番・岡部 一星が四球で歩いたのを皮切りに、3四球で一死満塁とする。ここで三塁走者岡部が投球間の一瞬のスキを突いて本盗。これが決まり都立江戸川が1点を先制すると、学習院の本多はさらに乱調になり、1回表だけで四死球6。9番・高橋 遼太郎の2点適時打もあり、都立江戸川はこの回だけで5点を入れた。

 3回表都立江戸川は、安打に四球、相手守備の乱れもあって、2点を追加した後、4番・千葉 奏の中犠飛で1点を追加。さらに四球で満塁となったところで6番・鈴木 晴貴が右中間を破る走者一掃の三塁打を放った。「ストライクにはしっかり振ることができました」と、都立江戸川の園山 蔵人監督は語る。相手投手が、ボールが多くなると、攻撃の方も雑になりがちだが、ボールには手を出さず、好球は見逃さない。

 学習院の自滅だけでなく、都立江戸川の攻撃もしっかりしており、大量リードにつながった。学習院は4回からは一塁を守っていた和田 幸大が登板したが、都立江戸川の勢いは止められない。

 都立江戸川は投げては夏を経験しているエースの竹川 葉流が好投。1回裏に学習院の3番・本多に右前安打を打たれた1安打だけに抑えた。「ストレートをコースに投げ分けられました」と、竹川は言う。5回裏は鈴木 悠太が登板。やはり三者凡退で抑え、18対0の5回コールドが成立した。

 学習院はペースがつかめないまま、点差が広がった感じだ。それでも中堅手・近藤 稜真の好守など、見せ場もあった。春に向けてもう一段、レベルアップを期待したい。

 一方、都立江戸川は都立の強豪らしい勝ち方であった。園山監督は、「バントのミスもあり、攻め切れていない。修正したいです」と、都大会に向けて引き締めたが、エースの竹川に対しては、「投げるたびによくなっています」と、手応えを感じている。竹川も、「打ってくるチームと試合をするのが楽しみです」と、都大会では強豪との対戦に向かっていく姿勢をみせた。