早大学院が本塁打2本で啓明学園にコールド勝ち



本塁打を打って生還する武藤真吉

 伝統校の早大学院に近年力をつけている啓明学園の一戦は、早大学院が機先を制し、試合を有利に進めた。

 1回裏早大学院は、1番・舟橋 立葉の死球、2番・西山 恒斉の左前安打に続き、3番・松崎 悠真が送り、主将で4番の武藤 真吉の中犠飛で手堅く先制すると、5番・佐藤 寛也の右前安打でさらに1点を追加。早大学院は夏を経験した選手が多く、攻撃に無駄がない。

 3回裏には走者1人を置いて、4番・武藤がレフトに本塁打を放ち4点差にする。「打ったのは、スライダーに抜けた球です」と、武藤は語る。早大学院は夏までは田村 康介が主将として攻守の中心にいた。主将を引き継いだ武藤としても、「田村さんを目指してやっています」と言う。

 早大学院は投げては背番号11の高島 樹が4回まで安打を1本も打たれない好投。ただ早大学院の木田茂監督が、「スタミナがない」と懸念する高島は、5回表、啓明学園の7番・小林 竜大に三塁打、8番・古賀 洸李に二塁打を打たれ1点を献上する。

 しかしこの後リリーフ登板した岡村 遼太郎は球威もあり、啓明学園打線を完全に抑え込む。

 6回裏、早大学院は1番・舟橋が左中間に2ランを放ち、勝負を決定付けると、7回裏に佐藤の二塁打などで1点、8回裏は二死一塁から、3番・松崎が二塁打を放って1点を追加し、8対1、7回コールドが成立した。

 敗れた啓明学園の安打は、5回の長打2本だけ。それ以外は完璧に抑えられた。

 敗れた啓明学園の芦沢 真矢監督は、「悔しさをバネに、子供たちも頑張るでしょう」と語る。コロナ下であり、負けて公式戦がなくなれば、練習ができなくなるという。それだけに今後は、選手個々のの自覚が重要になる。

 もっとも勝った早大学院にしても、平日の授業はオンラインになり、日曜日以外は、チームとしての練習はできないという。下位打線に当たりが出なかったのは気になるが、上位打線はなかなか強力。

 投手陣は継投になるだろうが、駒もいるだけに磨けば、かなりのチーム力になりうる。コロナ下の難しさはあると思うが、都大会での健闘を期待したい。