テンポのいい好投手戦、八王子北が凌ぎ切って南平を下す



八王子北・伊藤智哉君

 先週末から始まった東京都一次予選。今週末には、早くも一次予選突破となる代表決定戦が行われる会場もいくつかある。片倉高校グラウンドの試合も、この日は代表決定戦となっている。

 都立南平都立桜修館中等教育校に4対0、都立八王子北都立大森に8対0といずれも無失点で初戦突破してきている。ということでお互いに守りがしっかりしているのだろうと思われた。だから、ロースコアできっちりとした守り合いの試合が期待された。

 その予想通り、都立八王子北の左腕伊藤智哉君と都立南平の右腕小林寛太君の、テンポのいい好投手戦という展開になっていった。お互いに、少ないチャンスを生かしていかないと、得点できないのではないかというような、息詰まる投げ合いの試合となった。

 5回を終わって、都立南平は初回の先頭打者の小林壮太君の内野安打1本のみ。以降は3人ずつで終わっていた。都立八王子北も2回こそ2本の安打を集中させて三塁まで走者を進めたものの、安打もその回の2本だけ。こうして、緊迫の投手戦は続いていったが、均衡を破ったのは6回の都立八王子北だった。

 この回の都立八王子北は、先頭の9番松島君がチーム3本目となる中前打を放って出塁。すかさず盗塁をして一死二塁から2番小山内君が左越二塁打を放って帰して先制点が入る。さらに小山内君が三塁盗塁も決めて二死三塁となったところで4番雨宮君が左前へ運んで2点目。このあたりの都立八王子北の攻めも、数少ない好機をしっかりと生かしていくという点で、集中力があったと言っていいのではないだろうか。

 このリードは、伊藤君にとってもかなり大きな支えとなっていった。