1年生左腕が13K完投!友永監督「周囲の予想を覆して」期待込める



田中 遼大(都立小川)

 11日、日体大荏原グラウンドの第一試合では秋季東京都大会一次予選、第13ブロックの1回戦・青山学院都立小川の一戦が行われ、都立小川が6対3で逃げ切り、初戦突破を決めた。

 都立小川の先発のマウンドを任されたのは背番号11をつけた左腕・田中 遼大。この夏も公式戦のマウンドを経験した期待の1年生だ。その田中は「アウトコースの直球を有効に使えた」と9回13奪三振と新チーム初の公式戦で快投を披露した。これには友永 堅太監督も「球数が多くなってしまうので『狙うな』と言っていましたが、彼の集中力が発揮できた試合だった」と1年生左腕の好投を労った。

 打線も初回、4番・林 遥人主将の適時三塁打で先制。4回にも適時打を放ち2安打3打点と仕事をした。「毎回練習で声を枯らしながら引っ張ってくれる選手」と指揮官も、これまでの主将としての林の働きを認めている。投打の軸が機能し新チーム初勝利を手にした。

 またこの試合では、夏から内野手の練習を始めたという山下 幹太を「8番・三塁手」でスタメンに抜擢した。試合終盤には3つの補殺を記録。不安があった送球も見事決まり、難なく捌いてみせた。山下も試合後、「練習試合では良い成績を残せていなかったのですが、大会初日にレギュラーで使っていただいて、友永先生には感謝です」と清々しい表情で語り、自信をつけた。次戦以降も守備でチームを盛り上げたい。

 次は城西大城西を下した日体大荏原と戦う。友永監督は「このブロックの中では一番下だと思って、ハングリー精神を持ってやってきたので、なんとか周囲の予想を覆して勝ちに結びつけたい」と語り、この勢いを次週の代表決定戦でぶつけていく。