世田谷学園 角井5回無安打無失点・奥山二塁打2本4打点で圧勝



世田谷学園・角井優

 普通の都立校にとって、強豪校の打者の打球の速さは普段経験できないだけに、怖さもある。1回裏、世田谷学園は1番・佐藤 駿の遊ゴロを、都立久留米西の遊撃手・金子樹生が失策してチャンスを広げ、4番・加川大海の右犠飛で1点を先制し、さらに続くチャンスで6番・奥山廉太郎が二塁打を放ち2点を追加。その後、さらにその後も遊撃手・金子の失策があり世田谷学園は1回裏に4点を入れた。「ショートは守れる子なんですが……。経験していないので、ひるんでしまいました」と久留米西の渡邊厚史監督は語る。

 世田谷学園は3回裏は4番・加川の三塁打や6番・奥山の2打席連続となる二塁打などで5点を追加する。奥山は2打席連続の二塁打で打点は4。夏は4番を打っており、「当然クリーンアップ打つ選手です」と成瀬智監督は言う。

 世田谷学園は4回裏も8番・小池寛太の二塁打などで2点を追加し、11―0とした。

 この夏の西東京大会で準決勝に進出した世田谷学園であるが、4強の立役者である建守 伯をはじめとする投手陣は入れ替わった。この試合で投げたのは背番号11の角井 優。この試合では格の違いをみせ、3四球は出したものの5回を投げて無安打無失点の好投。結局11-0の5回コールドが成立した。

 成瀬監督はそれでも、「ピッチャーはまだまだ」と言う。基本的には、この試合は3番で左翼手および右翼手で出場した背番号1の二見純太との2枚看板ということになりそうだ。ただこの夏の練習試合では11―12と18―19といった乱戦が多かったという。この試合で二塁打2本を記録した奥山も、「7点取られても10点取る打線です」という。

 それでも夏に準決勝まで進出して東海大菅生と試合をしたことは大きく、「どれくらい力がないと甲子園に行けないのか。甲子園のレベルを経験できました」と、奥山は言う。次は都大会出場をかけて都立の強豪・都立小山台と対戦する。世田谷学園としても、真価を問われる一戦になる。

 一方敗れた久留米西だが、渡邊監督が「差がありました」というように、レベルの違いははっきりしていた。それでも、こういう高いレベルのチームと対戦するのは、貴重な経験だ。相手投手の球のキレや打球の速さを体験したことで、今後の練習のモチベーションにしてほしい。

(記事=大島 裕史)