「日替わり主将」濱名の一打で勝負あり!都立府中東が逆転勝利で初戦突破



8回表、3点適時二塁打を放った7番・濱名 真(都立府中東)

 5日、都立総合工科グラウンドでは、秋季東京都大会一次予選の1回戦、都立府中東日大一の一戦が行われ、都立府中東が7対3の逆転勝利で初戦突破を決めた。

 都立府中東は2対3の1点ビハインドで迎えた終盤8回、二死から途中出場の福永 真大(1年)が左線へ二塁打を放つ。「やんちゃな性格なので初球から恐れず、思い切って振っていけたんじゃないかと思います」と五江渕好正監督は福永の積極性をこのように評価している。この福永の一打を皮切りに都立府中東打線が繋がった。日大一は3番・松澤 拓生(2年)を申告敬遠で歩かせ二死一、二塁と塁を埋め、ここまで無安打の4番・中村 善暉(2年)との勝負を選んだ。

 しかしバッテリーミスの間に走者2名が進塁。勝ち越しのランナーを得点圏に置いたところで中村が中前へ弾き返し終盤で逆転に成功した。中村については「病み上がりで万全な状態ではなかったのですが、仕事をしてくれました」。エースナンバーを背負い、夏も先発のマウンドを経験していたが、新チームの初戦は体力を考慮して先発での登板を回避。それでも4番としてバットでチームを牽引した。

 そして2つの四球で好機を広げ、打席には7番の濱名 真主将(2年)。「キャプテンと言われた時は驚いたのですが、やるからにはしっかりチームを引っ張って行こうと思いました」。新チームでは主将を任すことができる確立した選手が不在だったため「日替わりキャプテン」で練習に臨み、大会メンバーの登録の日にキャプテンだった濱名が一次予選の主将に任命されたという。終盤に訪れた試合の勝敗を左右する局面に濱名は、「仲間が流れを作ってくれたので、その流れに乗っていいスイングをしようと心げけました」と甘く入った直球を振り抜くと、左線へ強い打球が走った。走者一掃の適時二塁打となり、この回一挙5得点の猛攻で試合を決めた。

 勝利を呼び込む一打に濱名は「これからも大事なところで任される選手になりたい」と主将として勝負強い打撃でチームを牽引していく。

(記事=編集部)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。