二松学舎大附、新エース・布施 8回奪三振9、失点1の投球で8回コールド発進



二松学舎大附・布施東海

 二松学舎大附が甲子園で京都国際に敗れたのが8月24日。翌日東京に戻りすぐに新チームに取り掛かったが、東京でも雨が続き、思うようにできないまま、秋季大会を迎えた。

 新チームの主将は、秋山 正雲からエースを引き継いだ布施 東海だ。市原勝人監督は、「いずれは代えてやる、と言ってあります」とことわったうえで、「親富祖(凪人)や瀬谷(大夢)は野手なので、怒られることが多かった。布施は怒られることが少ないし、勉強もできますから」と、臨時の立場ではあるものの、主将にした理由を語る。

 対する都立王子総合は、都立の中では力のあるチーム。最初から継投することを前提に1年生の原崎煌也を先発に起用した。

 1回裏、二松学舎大附は2四死球などで一死一、三塁とし、4番・瀬谷の左犠飛で1点を入れる。さらに2回裏は、1年生の大矢青葉が新チーム結成以来、チームとしての初本塁打を放ち1点を追加する。

 しかし打線爆発とはいかず、少ない点数に抑えられる。「(二松学舎大附が)打ち損じてくれました。ピッチャーには、1イニングに1点に抑えろ、と言っています」と、語る都立王子総合の市川幸一監督にとっては、想定通りの展開になった。

 それでも二松学舎大附先発の布施は、市原監督が「ストレートは秋山ほどではないですが、変化球でストライクが取れますから」と評価しているだけあり、安定した投球。都立王子総合の主将で4番の太田幸樹は、「速い球を打つ練習はしていましたが、変化球にキレがあって、てこずりました」と語る。

 実際に布施は緩急自在の投球。夏までのエース・秋山について布施は、「理想のエース像。ピンチの時のギアの入れ方はすごいです」と語る。それでも布施はこの試合、6回までは被安打2,奪三振8の無失点。リードは2点しかないが、全く危なげない投球を続ける。