羽田先輩から八王子エース継承の星野が投打で大活躍し初戦快勝



八王子先発・星野翔太

八王子がいつペースを握るのか

 4日より東京でも秋季大会のブロック予選が始まり、5日は強豪・八王子が初戦を迎えた。公式戦初戦というのもあり、注目右腕・星野 翔太が先発のマウンドに上がった。エースがどれだけの投球をするのかが注目された。

 星野に向かっていく都立西は、終盤まで食らいついていて、相手を焦らせて勝利したい。試合会場は八王子のグラウンド。八王子にとっては普段から使うグラウンドでの試合であり、慣れた場所である。試合のペースを握るためには、どっしりと構えて戦える八王子を焦らせるような、終盤まで競った展開をしていくことが勝利へのポイントだった。

◆エース・星野が投げて打つ活躍ぶり

 マウンドに上がった星野は、初回からヒットでランナーを背負うものの、自慢の速球を駆使して、都立西から3つの三振を奪い、幸先よくスタートを切る。

 2回からは変化球も巧みに交ぜながら三者凡退に抑えると、直後の攻撃で星野がエンドランを成功させて得点に結びつけるなど2点を先取。八王子が主導権を握った。

 リードをもらった星野は、3回もヒットを許してランナーを出したが、伸びのある速球でバントをさせず、思うようにランナーを進ませない。

 その後、打線は都立西・渚 阿貴の低めへ丁寧にボールを集める投球と、粘り強い守備の前に思うような攻撃ができないながら、5回には三遊間の打球をショートが弾いた間に、4番・堀 翔汰が二塁へ。隙を逃さず足を使って次へ進むと、再び星野のタイムリーで追加点を入れる。

 その後も足を使いながら得点を奪い、リードを広げた八王子。マウンドの星野は6回を投げきって降板したが、2桁11奪三振の圧巻の投球で都立西を無失点。7回からはライトに回り、バットで最後までチームに貢献し、6対0で八王子都立西を下した。