3ランに好救援! 若林監督「今日は千田劇場」、東海大菅生4年ぶり4回目の優勝

 センバツベスト8の東海大菅生は西の横綱だ。対する國學院久我山は、秋は12点リードしながら逆転負けをした屈辱をバネにチームを再整備して、夏は優勝を狙えるチームに仕上げてきた。

 東海大菅生は左腕の本田 峻也國學院久我山は小柄ながら強気の投球が光る高橋 風太というエースが先発のマウンドに立った。

 決勝戦の緊張からか、本田の立ち上がりがおかしい。福原 聖矢捕手の構えるミットとは違う方向にボールが行き、安定感がない。そこを國學院久我山が突く。

 1回表國學院久我山は1番・内山 凜が中前安打で出塁。ワイルドピッチで二塁、2番・齋藤 誠賢の犠打で三塁に進む。3番・田村 優樹の初球、福原の三塁への牽制がとんでもない暴投になり、國學院久我山が1点を先制した。

 さらに4番・原田 大翔の二塁打に、エースながら打撃もいい5番・高橋の中前安打で1点を追加した。「本田があんなになるとは思っていなかった」と東海大菅生の若林弘泰監督が語る本田の乱調であった。

 それでもその裏の東海大菅生は、2番・福原が三失で二塁まで進み、3番・堀町 沖永の中前安打で俊足を飛ばして一気に生還し、追い上げる。しかし3回表に、死球で出塁した2番・齊藤が今大会の國學院久我山の持ち味であるバントなどで三塁に進み、5番・高橋の中前安打で1点を追加した。

 ただこの日は高橋自身が、「ストレートが走っていなかったので、変化球に頼ってしまいました」と言う状態。これを「外の見極め」を若林監督から指示されていた東海大菅生は、変化球に狙いを定め、猛攻に転じる。

 3回裏東海大菅生は、中前安打の福原が盗塁で二塁に進み、3番・堀町の左中間に放った打球で、中堅手と左翼手がぶつかる形になって打球は転々と転がり、堀町は一気に生還。2点ランニングホームランになった。

 4回表國學院久我山は、この回先頭の7番・上田 太陽が四球で出塁し、8番・藤原 健祐は当然のようにバント。打球はそれほど上がったわけではないが、瞬発力のある捕手の福原が飛びついて好捕。國學院久我山の持ち味を封じた。