世田谷学園が13回TB制し4強 成瀬監督「あとは気持ち。ドーム、菅生関係ない」

 28日、府中市民球場で行われた4強をかけた一戦は強豪・八王子から金星を挙げて8強入りを決めた都立狛江と、5回戦は昭和一学園をサヨナラで下し勢いに乗る世田谷学園が激突。西東京の激戦を制し8強に残ったチームにふさわしく、互いに一歩も譲らない接戦となった。

 先制したのは都立狛江だった。1回裏、今大会好調を維持している主将で3番の落合陽輝が第一打席の初球をレフトスタンドへ叩き込んだ。しかし3回、世田谷学園は先頭の7番、エース建守 伯が右中間へ三塁打を放つと、続く8番の佐藤駿の遊ゴロの間に建守が生還し同点に追いついた。

 ここからは世田谷学園の建守、都立狛江の背番号10森泉皓介の両先発がスコアボードに0を並べていく。建守は130キロ台の速球と外に決まるスライダーのコンビネーションでスイングをさせず、フライアウトの山を築く。

 一方、都立狛江八王子戦で2失点完投勝利を挙げた2年生エース・山崎 優ではなく先発を託された3年生の森泉は「山崎を休ませて、なんとしても勝とうという気持ちで臨みました」と上級生として堂々たる投球を見せた。

 そして同点で迎えた9回からは山崎がマウンドへ。「頼もしかったです」。ファーストへ回った森泉の前で打者4人に2奪三振の快投で無失点に抑えた。

 試合は9回で決着せず、延長戦へ。12回まで無得点で終え、無死一、二塁から始まる13回タイブレークへ突入した。世田谷学園は13回表、先頭の奥山凛汰郎の送りバントが内野安打となり無死満塁へ好機を広げる。その後、押し出し四球、犠飛で2点を奪った。

 後が無くなった都立狛江は先頭の三竿拓朗が送り一死二、三塁。続く2番本郷泰我がのライトへの犠牲フライで1点を返す。しかし二塁ランナーが挟まれてしまいタッチアウトで試合終了。都立狛江はあと一歩及ばなかった。

 試合後、ベスト4進出を決めた成瀬智監督は「ここまで来るとは...」と試合ごとに成長していく選手たちに驚かされた。次戦は東京ドームで行われる準決勝。相手は優勝候補・東海大菅生に決まった。「あとは気持ちだけ。ドームだろうが菅生だろうが関係ないです」と力強く語った。

 一方、敗れた都立狛江の西村昌弘監督は、「強気で行こうと言っていたのですが、3回無死三塁で前進守備を敷かず簡単に1点を与えてしまったのが...」と結果論ではあるが、投手陣が好投した試合だけにあの「1点」を悔やんだ。

 そして奇しくもこの日は西村監督の38歳の誕生日だった。バースデー勝利とはならなかったが「特等席でいい試合を見せてもらいました」と清々しい表情で語り、狛江ナインの勇姿を目に焼き付けた。

(取材=編集部)

刻々と変わる首都・東京の動きを早く・詳しくお伝えします。
そして、甲子園切符をつかむチームは…夏の高校野球東京大会の試合も熱くお届けします!
TOKYO MX「news TOKYO FLAG」(月~金 午後8時~  土・日午後6時~)

【トーナメント表】第103回西東京大会の結果
【レポート一覧】第103回西東京大会
【レポート一覧】第103回大会