「こんな日が来ると思わなかった」都立狛江がシード校・八王子撃破で都立校唯一の8強入り

 「こんな日が来ると思わなかった」

 都立狛江の西村昌弘監督は、万感の思いで試合を振り返った。

 シード校・八王子を撃破し、都立狛江が都立校で唯一のベスト8進出を決めた。
 2回裏に先制点を許すが、4回表に1番・三竿拓朗選手のタイムリーで同点に追いつくと、さらに押し出し四球で逆転を許す。
 それでもその裏、守備の乱れからすぐに同点に追いつかれるが、5回表に無死二、三塁から7番・杉本裕世選手がレフトへの適時打を浴びて再び勝ち越しに成功。

 先発の山崎優投手は、「スピードは打ち頃」と語るように決して驚くような球威がある訳ではないが、コーナーにしっかりとボールを集め、また緩いカーブも駆使して凡打の山を築いていく。

 八王子も舘野智靖投手、星野翔太投手、渡邉凛之介選手と、3投手の継投で逆転の機会を伺うが、都立狛江の先発・山崎優投手を打ち崩すことができずにゲームセット。
 3対2で都立狛江が勝利して、準々決勝進出を決めた。

 試合後、都立狛江の西村昌弘監督は、「最初から後半勝負で、9回までやろうと選手には話していました。相手は初回のチャージがすごいので、3点で収まればいいよと言っていたので出来すぎです。生徒がよくやってくれました。こんな日が来ると思わなかったです」と語り、会心の試合に選手たちを手放しで称えた。

 また2失点完投勝利を挙げた山崎投手も、「勝った瞬間は嬉しくて、何も考えられなかったです。まだ現実味がない」と思わず口に。
 準々決勝は世田谷学園との対戦が決まったが、どんな戦いを見せるのか注目だ。

 試合後、八王子の安藤徳明監督は「立ち上がりから重かった。早く点を、早く点をとなったことが一番の失敗です」と語り、敗因を振り返る。
 プロ注目左腕・羽田慎之介投手を擁して、秋、春とベスト8に進出してシード校として大会を迎えた八王子だったが、都立校の勢いの前に屈し、羽田も登板がないまま夏を終えることとなった。

(取材=栗崎 祐太朗)

刻々と変わる首都・東京の動きを早く・詳しくお伝えします。
そして、甲子園切符をつかむチームは…夏の高校野球東京大会の試合も熱くお届けします!
TOKYO MX「news TOKYO FLAG」(月~金 午後8時~  土・日午後6時~)

【トーナメント表】第103回西東京大会の結果
【レポート一覧】第103回西東京大会
【レポート一覧】第103回大会