東海大菅生、投手リレーで勝利も打線が課題、明大明治・益山が奮闘

 東海大菅生がベスト8進出をかけて、明大明治と対戦をしたが、苦戦を強いられることになる。

 そこに大きく関わったのが、明大明治のエース・益山直己の存在だ。
 177センチ65キロとスラリとした体格をしている益山だが、ゆったりとした投球フォームから、長い腕を活かした角度を付けたボールを投げ込む。大きく変化するスライダーを含めて、どのボールでも両コースへの投げ分けがきちんとできており、安心感のある投手だ。

 組み立ては外角を中心に攻めている印象だったが、スライダーに加え、益山も投げていて効果を感じたというカットボールを効果的に使いつつ、時折インコースへのストレートを混ぜて、強力・東海大菅生に痛打をさせずに、フライアウトを増やした。

 今年のチームが始まってから、自らピッチャーをすることを伝えたという。それまではピッチャー経験はほとんどなかったが、「コントロールには自信があります」と言うことから投手への挑戦を始めた。それまでサード、ショートでの起用が多かったこともあり、最初は野手投げに近い状態だったという。

 ただ、冬場のランメニューやスクワットなどのトレーニングに取り組み、同時に投げ込みでは四隅を狙える制球力を磨いてきた。その最中で自然と現在のフォームにいたり、エースとして実力を磨き上げた。

 バックの安定した守備もあり、明大明治は落ち着いた試合運びをすることができた。逆に東海大菅生はチャンスを作っても、あと一本が出せない歯がゆい攻撃となった。敗れたものの、この試合の中心選手として活躍したことは間違いないピッチングだった。指揮官の加藤監督も「頑張ってくれた」と労いの言葉を贈った。敵将である若林監督も「サイドスローで小気味よく、ウチの各打者が狙い球を絞れずに迷っているかんじでした」と評価していた。

 その東海大菅生は4投手の継投による0封リレーで明大明治を封じた。なかでも選抜にはなかった新戦力、9番・金谷 竜汰の台頭が目立った。