2年生富塚サイクル達成で日大三が快勝、フルスイング開花

 連日熱戦が続いている西東京大会は、24日から5回戦に入り、日大三明星のベスト8をかけた一戦が八王子市民球場で行われた。

 日大三は先発に背番号10の岡村 海琉を起用するが、これが思うように試合を進められない。
 1回の立ち上がり、明星1番・志田 一真にヒットを許すと、2番・大橋 義輝の送りバントなどで二死一、三塁とピンチを招く。ここで明星5番・徳武 卓真の内野安打と6番・山田 稔太にタイムリーを許し、いきなり2点を追いかけることになる。

 だが、日大三打線は焦らない。その裏だ。2番・齋藤 広空が四球を選ぶと、3番・富塚 隼介の三塁打で1点を返す。さらに5番・山岡 航大にもタイムリーが生まれ、すぐさま逆転に成功した。
 すると2回、そして4回にも追加点を着実に重ねて8対2にする。コールドまであと1点というところで、6回に3番・富塚がレフトスタンドに届くホームランで9対2とした。

 このホームランで3番・富塚はサイクル安打を達成し、東京の高校野球の歴史に名を刻むことになった。

 富塚は、サイクル安打に王手がかかっていると知って4打席目に入り、ホームランを狙っていた。2ボール1ストライクから、内角甘めの真っすぐを一振りで捉えて偉業を達成した。

 元々、世田谷西シニア時代から打撃に自信があり、持ち味を磨くために強打の日大三に入学した。あまりバットを引かない反動を減らす形でトップを作ると、深い懐にボールを呼び込んで、ボールを捉えていく。突っ込むことなく、軸で鋭く回転できる富塚は、昨秋のブロック予選からベンチ入りを掴み、春はレギュラーで出場していた。

 その後、調子を落としてメンバーから外れていたが、そこからバッティングに対する意識が変わったという。練習ではバットの芯でボールを捉えることを大事にしてきたが、「フルスイングをするように心がけました」と思い切りスイングをすることを大事にバットを振り込むようにしてきたそうだ。

 その結果、持ち味だった広角に低く鋭い打球を飛ばすバッティングが磨かれた。これまでよりも飛距離はもちろん、野手の間を抜いていく打球の鋭さが変わってきた。すると、現在はフルスイングをしつつも、きっちり芯で捉えられるようになり、調子は上向きになってきた。

 磨きあげた持ち味のバッティングに自信に深めたからこそ、今大会初スタメンでの起用は「レギュラーをもう一度掴めるように頑張る」と強い決意をもって試合に臨んだ。そして見事サイクル安打という大記録で結果に応え、レギュラー復帰へ猛アピールに成功した。