都立唯一シード・日野、エース木下が4安打完投で初戦突破

 18日、立川市営球場の第一試合では西東京で都立校唯一のシード校・都立日野が登場。都立杉並との3回戦を4対2で勝利し初戦突破を決めた。

 都立日野は初回、西東京屈指の右腕・木下 孔晴が1四球2安打を許し2点を奪われる。「初戦ということで緊張して、フォームにも硬さが出てしまった」と反省。それでもその後は8回まで安打を許さず、本来の投球を見せてくれた。

 都立杉並は2018年夏、3回戦で後に優勝を果たす強豪・日大三を相手に一時は3点リードする善戦を繰り広げた実力校。前日、苦しみながら初戦突破を果たした日大三の小倉全由監督も「3年前の初戦に比べたら...」と引き合いに出すほど強烈なインパクトを残していた。

 その勇姿を「テレビで見ていました」というエースの笠谷昴生が先発。初回に援護を受け、マウンドに登るも3つの四球を与え、無安打ながら同点に追いつかれてしまった。「流れを悪くしてしまった」と笠谷は試合後、涙を滲ませながら語った。

 都立日野は木下の好投に打線も、日々の鍛錬が伺える鋭いスイングで快打を見せる。手堅く得点を重ねじわじわとリードを広げていった。終盤8回には一死満塁の好機に代打・背番号17の丹 駿貴が左前適時打を放ち貴重な追加点を挙げた。この起用に嶋田雅之監督は「左投手でしたし、丹君はチャンスに強いので、やってくれるんじゃないかなと」。指揮官の期待に応える勝負強さを夏の初戦で発揮した。

 木下は最終回に2安打を許すも最後は二飛に抑えゲームセット。9回117球、4安打、2失点の完投勝利を果たした。30度を超える暑さも、凛とした表情で堂々と投げ込む姿が印象的だった。「まだまだ投げられます」と試合直後も疲れた表情を一切見せずに答えた。

 都立日野を選んだ理由は、「私立に行くお金の余裕がなかったので、都立で野球が強いところを選びました」。2年半が経ち、都立日野のエースに君臨する木下は虎視眈々と強豪撃破を狙う。

(取材=藤木 拓弥)

刻々と変わる首都・東京の動きを早く・詳しくお伝えします。
そして、甲子園切符をつかむチームは…夏の高校野球東京大会の試合も熱くお届けします!
TOKYO MX「news TOKYO FLAG」(月~金 午後8時~  土・日午後6時~)