法政大高の「サブマリン」有間が好投で勝利呼び込む

 市営立川球場の第2試合、マウンドで躍動したのは法政大高の最速110キロ前後のアンダースローだった。

 法政大高の先発・有間 空は3回まで成城学園打線をそれぞれ3人で抑える順調な立ち上がりでチームにリズムを作る。すると打線は3回に二塁打で出塁した1番・朝倉 海吏を三塁において、3番・出田 航大の内野ゴロの間に1点を先制する。

 反撃に転じたい成城学園は5回、5番・山田 琳太郎のこの試合チーム初ヒットとなる二塁打からチャンスを作る。しかし後続にタイムリーが生まれず、逆に勢いづいた法政大高はその裏に4番・本宮 拓朗、5番・清水 時央などのタイムリーで4点を追加した。

 5回を終わって5対0と法政大高が主導権を握ると、6回にはダメ押しとなる2点が法政大高に入り、7対0と試合が決まった。最後は2番手・篠 えい太が成城学園に1点も与えることなく法政大高がコールド勝ちを収めた。

 法政大高の勝利に貢献した先発・有間は、中学2年生で、現在の投球フォームに行き着いたという。元はオーバースローだったが、同じオーバースローで同級生に良いピッチャーが多くいたそうだ。そこで自分が存在感を示すために、最初は遊びでやっていたアンダースローを本格的に取り組むようにしたという。

 フォームの変更にそれほど苦労はなかったというが、気を付けているポイントは2つある。開きを抑えるために顔を残してホームを見ること。もう1つが、腕を前へ振ることの2つだ。