豊多摩が劇的ドラマの末に勝利。東農大一最後に力尽く

 都立豊多摩東農大一による2回戦は終盤までもつれる試合展開となった。

 先に試合を動かしたのは、先攻の東農大一だった。
 4回に4番・初澤 遼太郎のヒットからチャンスを作ると、6番・寺倉 陸斗のタイムリーで先制に成功する。さらにチャンスは続き、7番・梛木 北夏からは三塁打が生まれて一気に3点を奪った。

 追いかける都立豊多摩は5回に1番・外内 滉大のタイムリーから反撃が始まる。
 続く6回には6番・渡邉 舜の犠牲フライで2対3と1点差に詰め寄る。そして7回に1番・外内が2本目となるタイムリーで3対3と追い付いた。

 その後、9回では決着がつかずに延長戦にもつれる。雨天による中断も挟みながら迎えた12回、都立豊多摩は5番・譲原 拓実が二塁打でチャンスを作ると、6番・渡邉が真ん中高めにきた真っ直ぐをフルスイングで捉え、そのままレフトスタンドへ。「狙っていた」という値千金となるサヨナラホームランで試合が決した。都立豊多摩が4対3で東農大一を下した。

「2度の中断が大きかったと思います」と都立豊多摩の平岩監督は振り返るが、選手たちを見ていくと、力のある選手が多かった。

 1番・外内は攻守で高いパフォーマンスを発揮した。
 打っては2打点を記録したが、足を少し上げてタイミングを取ると、縦振りのスイングでボールを捉えていく。柔らかく下半身を使ってスイングをすることもでき、力強さと対応力の高さを感じさせるバッターだった。

 守備では軽快な動きで打球まで追い付いて、鋭い送球を見せる。特に9回、センターへ抜けそうな打球に追い付くと、一回転してファーストへ強い送球でアウトにしてみせた。

 右の主砲が外内なら、左の主砲は3番・藤曲 眞平だ。2年生だが、189センチ80キロの恵まれた体格には風格すら感じられる。すり足、もしくはノーステップで目線のズレをなくすと、最短距離でボールにもミートさせていく。長打こそ生まれなかったが、打席内での雰囲気、そして2年生であることを考えると、今後が楽しみなバッターだ。

 まだ他にも、シャープなスイングと肩の強さを活かした守備が光る4番・藤岡 利凪や、上手くボールをバットに乗せて飛ばしていく5番・譲原 拓実も力のある選手だった。

 東農大一は、先発した1年生・笹木 理一の好投が大きかった。足を高々と上げると、身体で小さくまとめた左腕を隠す。押し出すような形で左腕を振り抜き、変化球主体に内角を突いた。このボールを都立豊多摩の各打者が待ち切れない。もしくは手元まで差し込んで、中盤までアウトを重ねてきた。大事な初戦の先発のマウンドで緊張もあることを考えれば、堂々たる投球だった。

 その投球には都立豊多摩の平岩監督も「インコースのボールに対策をしてきましたが、詰まってしまいました」と1年生左腕を称賛した。

文=編集部

刻々と変わる首都・東京の動きを早く・詳しくお伝えします。
そして、甲子園切符をつかむチームは…夏の高校野球東京大会の試合も熱くお届けします!
TOKYO MX「news TOKYO FLAG」(月~金 午後8時~  土・日午後6時~)