下級生4人が存在感示した早稲田実業が初戦でコールド発進

 西東京が誇る名門・早稲田実業が初戦を迎えた。今大会はノーシードからの登場となり、シード校を脅かす存在として、例年以上に注目が集まっている。14日の初戦・大成戦でも多くのファンが詰めかけるなかで試合が開かれた。

 先攻の大成が2回、7番・河村 優輝の犠牲フライで1点を取ったところで試合が動いた。追いかける展開となった早稲田実業だが、直後の攻撃で7番・國光 廣太のタイムリーで同点に追いつく。さらに相手バッテリーのエラーで2点目を奪い、勝ち越しに成功する。

 4回に早稲田実業は2番手・齋藤 士龍が2点目を失ったものの、直後に3番・清宮 福太郎のタイムリーと6番・壽田 悠毅の犠牲フライなどで5対2と再び主導権を握った。

 5回には4番・辻村 征也のタイムリーなどで一挙4得点で9対2と早稲田実業が試合を決めた。最後は、5回からマウンドに上がったエース・田和 廉が大成の反撃を許さずにゲームセット。9対2で早稲田実業が勝利した。

 注目スラッガー・清宮は3打数2安打2打点2四球と結果を残した。エース・田和は3回無失点と投打の要が揃って活躍した。この2人と対戦した大成・三木 樂種は「清宮くんは身体が大きいですし、打席から凄いオーラを感じました。田和君も低めにボールが集まり、変化球でカウントを取ってくる。本当にいい投手だと思いました」と投手ならではの感性で2人の凄さを話してくれた。この2人に関しては指揮を執る和泉監督も「清宮、田和が落ち着いて機能すれば、チームも乗ってきます。だから2人がどんな結果でも受け入れて落ち着いていれば、チームも粘り強く最後まで諦めずに戦えると思います」と投打の柱へ期待を込めている。

 ただ、春季大会を終えてから、対外試合をあまり組めていないことから、あまり固定されたメンバーというわけではなく、「背番号に関係なく、調子のよい選手から使っていきたいと思います」とその時のベストメンバーで戦う。勝ち上がっていく中で、勝利に一番近づくメンバーを決めたい想いを口にした。