二松学舎大附 秋山の投打にわたる活躍で帝京との接戦を制し決勝進出

 帝京は、秋は2回戦でコールド負け、春は1回戦負けと、帝京らしくない負けが続いていた。けれども夏は、準決勝まで勝ち進んできた。相手は二松学舎大附で、伝統校同士の一戦になった。

 帝京の先発は1年生の高橋 蒼人二松学舎大附はエースの秋山 正雲ではなく、同じく左腕の布施 東海が先発した。布施の先発起用について市原勝人監督は、「相手は帝京。粘り強いです。秋山に慣れないよう、秋山はできるだけ短いイニングにしたかった」と語る。布施には失点3くらいは覚悟して送り出した。

 そして1回裏、いきなり帝京打線につかまる。帝京の1番・小島慎也の中前安打、2番・本村 千夏良が送り、3番・高橋大陸の内野安打で一死一、三塁。4番・尾瀬 雄大の右前安打で小島が生還して帝京が1点を先制したが、一塁走者の髙橋 大も一気に三塁に進もうとしたが、右翼手・]丸山 丈司からの好送球で高橋大は刺された。「あそこは1点で止まって良かったです」と、市原監督が言うように、試合の流れを変える大きなプレーであった。

 4回裏帝京の攻撃で二死後、布施は2人続けて四死球を出したところで、エースの秋山にスイッチした。秋山は8番・川本 虎太朗を二飛に打ち取り追加点を許さない。

 5回表二松学舎大附は8番・鎌田 直樹が二遊間への難しい当たり。これを帝京の遊撃手・武藤 闘夢が一塁にやや強引に送球。これが暴投になり、鎌田は二塁に進んだ。打席には前の回から登板したばかりの秋山。打撃も得意の秋山が右前安打を放ち、二松学舎大附が同点に追いついた。さらに走者をためて3番・瀬谷 大夢の二塁打などでこの回4点を入れて、二松学舎大附が一気に逆転した。

 それでも5回途中から登板した帝京のエース・安川 幹大や新垣飛熙の好投で、二松学舎大附に追加点は与えない。

 帝京にとって数少ない反撃のチャンスとなったのは、6回裏だった。一死から5番・武藤が遊撃手への内野安打で出塁すると、続く2人に守備がいいはずの二松学舎大附の遊撃手・永見 恵多が続けて守備のミスで満塁となった。ここで帝京の8番、1年生の川本が三振、9番・安川が三ゴロに終わり得点できない。

 それでも帝京は9回裏に意地をみせる。一死後、代打の大塚 智也が右中間を破る三塁打を放ち、1番・小島の左犠飛で生還し、2点差に迫る。なおも走者を2人出したが、4番の尾瀬が中飛で万事休す。帝京のノーシードから戦った夏が終わった。それでも秋、春の不振から、「どこまで引っ張れるか、挑戦でした。選手はよくやってくれました」と帝京・前田三夫監督は語る。これで10年甲子園に行っていないことになったが、これから甲子園に行くチャンスは十分にあると、可能性を感じさせる戦いぶりであった。

 秋、春の都大会で、東東京勢で4強に残ったのは関東一二松学舎大附だけ。文字通りの2強が甲子園をかけて戦うことになる。先発は誰になるか分からないが、二松学舎大附秋山 正雲関東一市川 祐という、左右の好投手の投げ合いを期待したい。

(取材=大島 裕史)

刻々と変わる首都・東京の動きを早く・詳しくお伝えします。
そして、甲子園切符をつかむチームは…夏の高校野球東京大会の試合も熱くお届けします!
TOKYO MX「news TOKYO FLAG」(月~金 午後8時~  土・日午後6時~)


【トーナメント表】第103回東東京大会の結果
【レポート一覧】第103回東東京大会
【レポート一覧】第103回大会