関東一、5回打線爆発で7回コールド!初8強の芝、4回までは互角の健闘

 今大会、は接戦を制し初めて準々決勝に進出した。あと3勝で甲子園だが、準々決勝の相手は東東京の横綱・関東一だ。「『関東一と良い試合をする』では、負けることが前提になってしまいます。3つ勝てば、甲子園に行ける。『いい意味で勘違いしろ』、と選手には言いました」と、の増田宣男監督は言う。スタンドにはを応援する人が、大勢詰めかけた。そして序盤は、「もしや」の展開になった。

 1回表、関東一の先発、横手投げの鈴木 義信を攻め、1番・亀井 裕太が左前安打で出塁すると、2番でこの大会当たっている栗原 宏輔も左前安打を放ち続いた。そして4番・太田 悠斗は四球で一死満塁。「初回は少し緊張しました」という関東一の鈴木であるが、春以降、多くの経験を積んでいるだけに、ピンチにも動じず、5番・佐川 太一を遊ゴロの併殺で切り抜け、は初回のチャンスに得点できなかった。

 するとその裏、関東一は積極的な打撃が目立つ1番・染谷 真ノ介が、やはり初球を打ってライトへ二塁打。いきなり関東一がチャンスを迎えるが、のエース・尾藤 成が落ち着いて後続2人をアウトにし、打席には4番・石見 陸。江戸川中央シニア出身の石見には、「中学の時やられているので……」と、尾藤は意識したが、最後はスライダーで三振に仕留めた。

 ここから関東一・鈴木、・尾藤が好投し、5回表まで「0」が並んだ。膠着状態を変えたのは、5回裏に関東一の主将・楠原 悠太が放った、右中間の二塁打だった。