関東一、滝川、津原の満塁弾で岩倉を圧倒!

 東東京大会の優勝候補筆頭である関東一に、センバツ優勝経験のある岩倉が挑んだ一戦。岩倉の先発・古坂 虎汰朗は、力のある球を投げ、フォークなどの変化球もある。関東一のようなチームになると、こうした力のあるチームと対戦すると、また一つギアが入った戦いをする。

 1回裏関東一は、積極的に打ちに来る1番・染谷 真之介が初球を叩き中前安打で出塁すると、2番・五十嵐 奬斗のバントが内野安打になり、3番・初谷 健心がしっかり送り、4番・石見 陸の内野ゴロであっさり先制した。

 ただこれは、関東一の攻撃のほんの序章に過ぎなかった。3回裏関東一は、1番・染谷がまたも初球を内野安打。五十嵐が送って、3番・初谷の右前安打で1点を追加。さらに2つの四球で満塁となり、7番・滝川 柊憂がライトへ速い打球を飛ばし、これが柵越えの満塁弾になった。「フォークが高めに浮いたと思います。芯を捉えたので長打になるとは思いました。満塁ホームランは人生で初めてです」と、滝川は言う。関東一は4回裏にも初谷、石見の3、4番の連続二塁打で1点を追加した。

 さらに6回表は、染谷のまたも初球を叩く二塁打に2四球で満塁となり、代打・津原 璃羽が打席に立つ。岩倉の投手は3番手の川津 凜太。津原は2球目を引っ張り、レフト柵越えの満塁弾になった。1試合で満塁本塁打2本は珍しい。

 一方関東一の先発はエースの市川 祐。昨年の秋からフォームの改造というか、フォームの調整を続けてきたが、投げる際の足の踏み出し方など、かなり安定してきた。それが球威アップにもつながっている。

 岩倉は6回表に1番、主将の高畠 雅裕の二塁打などで2点を入れたものの、市川は7回を投げて被安打2,与四死球2,奪三振7、自責点2と、全く危なげのない投球だった。関東一の米澤 貴光監督は、「球威も力を入れれば、まだ出ます」と語る。優勝候補の関東一は順当に準々決勝に勝ち進んだ。岩倉は主将の高畠を中心に攻守にまとまっていたが、関東一との力の差は歴然としていた。強豪相手に試合をした経験を、秋以降の新チームに生かしてほしい。

(取材=大島 裕史)

刻々と変わる首都・東京の動きを早く・詳しくお伝えします。
そして、甲子園切符をつかむチームは…夏の高校野球東京大会の試合も熱くお届けします!
TOKYO MX「news TOKYO FLAG」(月~金 午後8時~  土・日午後6時~)

【トーナメント表】第103回東東京大会の結果
【レポート一覧】第103回東東京大会
【レポート一覧】第103回大会