二松学舎大附2年左腕・布施失点好投、都立高島は来年への自信に

 関東一とともに秋、春ともに都大会ベスト4へ勝ち進んだ二松学舎大附が、5回戦進出をかけて都立高島と対戦した。

 二松学舎大附が先発に抜擢したのは背番号10を付けた2年生左腕・布施 東海だ。春季都大会で3度ほど登板している布施だが、実に素晴らしいボールを投げ込む好投手だった。

 「1本立ちさせたい」という市原監督の思惑から先発起用されたが、小学生の時は横浜DeNAベイスターズジュニアにも選出された実績を持つ。ノーワインドアップから右腕で壁を作りながら重心を移動させる。流れるような投球フォームからは、力強く角度ある真っすぐを投げ込む。加えて、緩急をつけ、目線を外すカーブに、ストレートに近い軌道から落ちるスライダーが、同じようなフォームから投げ込まれる。都立高島の打者陣は、この投球を前になかなかボールを捉えきれない。

 市原監督も同じ左腕でOBの大江 竜聖、そして現エースの秋山 正雲と比較して「変化球でストライクが取れるのが良いところです」と布施のストロングポイントを話す。布施本人も「球速はないので、変化球でテンポよくストライクを取って、守備にリズムを作る」ことを大事にしているとのことで、自身の強みを十分理解しているようだ。

 対戦した都立高島の角津田 夢叶からは「ピッチングのリズムが良かった」と同じ投手として優れている点を話せば、菊池監督は、ストライクを取りに来た変化球を狙うように指示を出したそうだ。ただ際どいところに決まっており、なかなか連打とはいかなかった。

 同じ左腕である秋山ではあるが、「自分はまだまだです」と決して現状に満足していない。市原監督も「球威、そして体力強化をしないといけない」と課題は明確となっている。この夏だけではなく、秋以降も二松学舎大附はサウスポーエースがチームを牽引していくことになりそうだ。

 しかし都立高島のエース・角津田も同じ左腕として黙っていない。
今大会は、角度と回転数の高い質の高い真っすぐを武器に、打者と勝負してきた。だが、この試合は逆に、変化の大きいスライダーを外角中心に低めへ集める巧みな投球を見せる。「一歩間違えればホームランになる」と菊池監督は覚悟しながらも、高めには回転数の多い真っすぐを投げる。外角にはスライダーを投げ、時折チェンジアップを混ぜることで、外野フライを打たせる。攻めの姿勢をバッテリーに示した。

 勇気ある組み立てであるが、試合中も二松学舎大附の打者から痛打されることがあっても、結果的に野手の正面を突く。もしくは守備範囲に打たせることで、二松学舎大附をリズムに乗せない。作戦は大方成功だったといっていいだろう。