関東一コールド勝ちにも反省、投げ抜いた都立足立西・有馬は「悔いはない」

 22日で西東京はベスト16が出揃ったが、東東京も23日から4回戦が始まり、ベスト16の顔ぶれが決まる。駒沢球場では関東一都立足立西の一戦が行われた。

 試合は初回、関東一が2番・五十嵐 奨斗の死球で出塁すると、3番・初谷 健心のエンドランと、関東一らしい足を絡めた攻撃で幸先よく先取点を手にした。2回には一死一、二塁から8番・立花 大地の二塁打などで、この回一挙4得点と試合の主導権を握った。

 5回にも7番・石見 陸のタイムリーで7対0とリードを確実に広げると、先発・成井 颯から右サイドスロー・鈴木 義信と繋ぎ、都立足立西の攻撃をシャットアウト。最後は6回に3点を加えて、10対0で関東一がベスト16入りを果たした。

 勝った関東一だが「試合中には『これでいいのか』と声をかけました」と内容には課題を感じているようだ。厳しい試合が続く5回戦以降はさらに洗練された関東一野球が見られそうだ。

 関東一の力に押し切られるような形で敗れた都立足立西だが、自分たちから大きく崩れない守備は堅実的だった。確実なスローイングで余計な進塁を許さず、カバーリングも全体がしっかり頭に入れて、互いに声を掛け合っていた。中継プレーもカットラインをしっかりと作り、2枚目の選手が入る位置も的確だった。

 マウンドにいたエース・有馬 拓も「普段から練習をしてきたことなので、安心して投げることが出来ました」とバックを信じて打者と集中できたようだ。また関東一・初谷も「自分たちは強く低い打球で相手のミスを誘うようにしているので、堅い守備でリズムには乗り切れませんでした」と攻めきれなかったと話す。