都立広尾、エース・石黒の7回1安打無失点の好投で5回戦進出

 都立に学校群制度があった時代、都立駒場は21群、都立広尾は23群であり、同じエリアの都立校対決になった。

 秋季大会は1次予選で敗れたため、あまり注目されることはなかったが、都立広尾には石黒 和という好投手がいる。石黒は最速が140キロを超え、カーブ、スライダー、カットボールなども投げる。打っては4番のチームの大黒柱だ。

 1回裏都立広尾は、1番・神川 大地の二塁打に3番・足立 丈二の右前安打で1点を先制。さらに4番・石黒の遊撃手の横を抜ける鋭い打球がそのまま左中間を破る三塁打となり、1点。石黒も敵失で生還した。

 2回表都立駒場の4番・吉田 大斗の左前安打、5番、先発投手でもある柴田 太陽の遊失後、犠打の失敗などもあり、得点できない。結果として吉田の安打が、都立駒場が石黒から打った唯一の安打になった。

 都立広尾は3回裏に3番・安達の二塁打、4番・石黒の左前安打に失策も重なり1点を追加した。ただそこから、都立駒場の好守もあり、得点できない。都立広尾は速球対応の練習をしており、都立駒場の先発・柴田のさほど速くない球に対応できないという面もあるようだ。

 ただ追加点はなくても、都立広尾の石黒の投球は安定している。7回を投げて奪三振4と三振はさほど多くないが、2回以降は安打も打たれていない。

 7回裏都立広尾は、1番・神川の二塁打に、2番・谷口 平馬の右前安打で1点を追加した後、故意四球を含めた2四球で満塁となり、6番・金井 瞬の二塁打で2人が生還し7ー0。7回コールドが成立した。

 最後はコールドで敗れた都立駒場であるが、4年ぶりに2勝を挙げた。現在選手登録は13人。そのうち3年生は6人だ。今の状況では秋は連合チームとなる。都立駒場の加藤尚彦監督によれば、都立駒場が連合チームになるのは、「おそらく初めて」とのこと。それでも加藤監督は、「2勝したこともあるので、今の中学生が来年入ってきてほしい」と語った。

 勝った都立広尾は、5回戦で戦う二松学舎大附のことも意識しながらの試合であった。練習時間が限られている中で、速い球を打つ練習を中心に据えてきた。二松学舎大附について岩崎 剛監督は「力はずっと上の相手。それでも選手たちはやってやろうと思っています」と語る。エースの石黒も、「逃げずに投げたい」と語る。ともかく全力を出し切った試合をしてほしい。

(取材=大島 裕史)

刻々と変わる首都・東京の動きを早く・詳しくお伝えします。
そして、甲子園切符をつかむチームは…夏の高校野球東京大会の試合も熱くお届けします!
TOKYO MX「news TOKYO FLAG」(月~金 午後8時~  土・日午後6時~)

【トーナメント表】第103回東東京大会の結果
【レポート一覧】第103回東東京大会
【レポート一覧】第103回大会