文京、しっかり引きつけて猛打爆発!5回コールドで4回戦進出

 都立葛飾商は初戦でこのチームになって公式戦の初勝利を挙げ勢いに乗る。ただ今回の相手の都立文京は都立の強豪。石川和也監督も、「初戦のようにはいかない」ことは、十分に認識していた。一方の都立文京は、初戦は日体大荏原に苦戦し、かつ、この試合に勝てば、都立のライバルである都立小山台が控えている。この試合で気持ちに隙があると、都立葛飾商の投手陣の術中にはまる可能性もある。けれども、都立文京には全く隙がなかった。

 都立葛飾商は2年生のエース・永井 泰駿が先発。まともに勝負にいけば打たれるだけに、スローボールを駆使して緩急で勝負しようとしたが、都立文京の選手は球をしっかり引きつけたうえで強く振り抜いており、緩急の投球が通用しない。1回裏に4番・岩田 真門、7番・内堀 碧大の二塁打に、先発投手でもある9番・恒川 望の三塁打などで6点を挙げた。2回裏には初戦では完投し、この試合では一塁手として出場している3番・林 将吾の三塁打などで打者13人を繰り出し、9点を挙げた。都立文京は2回で既に先発全員安打を達成している。

 都立葛飾商は捕手の永木 空がマウンドに立ち、投手の永井がマスクをかぶるバッテリーの入れ替えや、遊撃手の鈴木 渉太を登板させ、何とか都立文京の勢いを止めようとしたが、都立文京は点差が開いても全く手を抜かず、3回に2点、4回に3点を入れた。

 都立文京の先発、右下手投げの恒川は丁寧な投球で都立葛飾商に安打を許さない。3回表に1番・永井の三ゴロが三塁手の前ではねたことが唯一の安打の可能性がある当たりであったが、記録は三塁手の失策。3回からは右横手投げの右田 圭大が登板。2回を投げて走者を1人も出さなかった。

 一方的な試合になったが、猛暑の中、両チームとも気持ちを切らしたり、手を抜いたりすることはなく、最後まで全力でプレーしたことは評価できる。都立葛飾商は、選手登録は13人。5人の3年生が抜けると単独チームは難しいかもしれない。それでも活動をつなぎ、来年に新入生を入れて夏に挑戦してほしい。

 勝った都立文京は、次は都立小山台と対戦する。都立文京の梨本浩司監督と都立小山台の福嶋正信監督は長年の知己であり、手の内を知り尽くしている。梨本監督は福嶋監督から多くの教えを受けてきたという思いがあり、「勝って恩返しがしたいです」と、次戦に向けての抱負を語った。

(取材=大島 裕史)

刻々と変わる首都・東京の動きを早く・詳しくお伝えします。
そして、甲子園切符をつかむチームは…夏の高校野球東京大会の試合も熱くお届けします!
TOKYO MX「news TOKYO FLAG」(月~金 午後8時~  土・日午後6時~)

【トーナメント表】第103回東東京大会の結果
【レポート一覧】第103回東東京大会
【レポート一覧】第103回大会