日大豊山・玉井成長を感じる完投勝利!8回一死まで無安打に抑える

 ともに甲子園出場経験のある伝統校同士の対戦。日大豊山はこの夏初めて背番号1を背負った玉井 皓一郎が、城西大城西は背番号9の坂田 真人が先発、ともに左腕同士の投げ合いになった。

 日大豊山は1回表、1番・義金 大空が中前安打、2番・井原 亮介が死球で出塁したが、坂田が後続を抑える。ここから両投手の投げ合いが始まる。

 坂田は走者を出しても丁寧な投球で日大豊山に得点を許さない。日大豊山の玉井は、これまでは突然崩れることもあったが、この日はほとんど危なげない投球。球威は春よりも増した感じで、加えて大きく曲がるカーブなどを有効に使い緩急をつけた投球になっている。こうした投球を引き出した2年生捕手の狩野光晴のリードも光るものがあった。数少ないピンチとなったのは3回裏の城西大城西の攻撃で、2つの四球で一死一、二塁となったが、エンドラン崩れの重盗が失敗し、ピンチを逃れた。

 城西大城西としては、主将でエースの渡邉 寮にいつスイッチするかであった。5回表、日大豊山が四球と1番・義金の中前安打などで一死一、三塁となったところで、ついに渡邉がマウンドに上がった。しかし、交代した渡邉が試合に入りきらない一瞬のスキを逃さず、猛攻を始める。2番・井原の右前安打で1点を先制。さらに3番・小川 慶人に四球で満塁となった後、ワイルドピッチがあって1点を追加。4番・飯島 渉太の左犠飛、5番・狩野の二塁打などで2点を追加し、この回4点を入れた。渡邉は、その後は立ち直っただけに、惜しまれる回であった。

 一方日大豊山の玉井は、後半に入っても安打を1本も許していない。「6回くらいから、滅茶苦茶意識しました」と玉井は言う。玉井の好投に野手も好守で応え、無安打行進は続く。城西大城西も遊撃手の陸野 翼の好守などがあり、締まった試合になった。

 玉井のノーヒットノーランを阻んだのは主将でエースの渡邉だった。8回裏の一死から8番の渡邉は、しっかりと打ち返した中前安打を放った。「打たれたのは、真っ直ぐです。滅茶苦茶悔しかったです」と玉井は言う。1番・陸野もレフトに大きな打球を放ったが、これは左翼手の井原が好捕した。

 9回表日大豊山は、これまでよく守ってきた遊撃手の陸野の失策などで1点を追加。9回裏城西大城西は1年生ながら3番に抜擢された清藤大生の三塁打などで2点を返したが、大量リードに守られた玉井が落ち着いた投球をして、5-2で日大豊山が勝ち、4回戦に進出した。

 城西大城西の渡邉にすれば5回の投球は悔やまれるだろうが、健闘は十分称えられる。遊撃手で2年生の陸野、1年生ながら抜擢された清藤ら、1、2年生に楽しみな選手が多いだけに、秋以降の戦いが注目される。

 日大豊山にすれば、福島 直也監督が「玉井の心が成長した」と言うように、これまでは好投することはあっても、突然崩れることのあった玉井が、エースらしい投球をした。4回戦は都立城東との対戦になる。日大豊山はシード校の中ではかなり厳しいブロックに入った。それでも、荒木 慈安足立 丈森 燿太朗ら好投手がいるだけに、玉井の安定した投球は、他の投手のいい刺激になるのではないか。

(取材=大島 裕史)

刻々と変わる首都・東京の動きを早く・詳しくお伝えします。
そして、甲子園切符をつかむチームは…夏の高校野球東京大会の試合も熱くお届けします!
TOKYO MX「news TOKYO FLAG」(月~金 午後8時~  土・日午後6時~)

【トーナメント表】第103回東東京大会の結果
【レポート一覧】第103回東東京大会
【レポート一覧】第103回大会