東亜学園が、終盤に見せた繋ぐ野球で8回に同点、9回サヨナラ

 ともに、甲子園出場実績もあり、他のスポーツ活動も盛んな私立校同士。好試合が期待された。その期待通りの緊迫した1点を争う戦いとなった。

 東亜学園はエースナンバーの阿部、安田学園は2年生の山田が先発。ともに右腕で真上から投げおろしてくるタイプ。阿部は絶好調の滑り出しで初回は3者三振。山田も初回は安打と四球で走者を出したものの、しっかりと抑えて、まずまずの立ち上がり。いい投手戦になっていくのではないかという雰囲気だった。

 その予想通り、1点をめぐるロースコアの展開となったが、先制したのは安田学園だった。

 4回の安田学園は、一死から3番石井が右越え二塁打。チーム初安打でもあったが、この二塁打でベンチは大いに沸いた。内野ゴロで三塁へ進んだところで、5番鈴木 克茂も左越え二塁打を放ち先制点が入った。

 阿部としても、決して甘い球ではなかったのだが、安田学園の打者の気持ちが優っていたということであろうか。

 そして、試合が進むとともに、ことのほかこの1点が重くなってきた。7回に安田学園は先頭の4番小川が中前打。続く鈴木が、この日2本目の二塁打で無死二、三塁。絶好の追加転機を迎えたのだが、杉浦はスクイズ空振りとなってしまい、三走が刺される。さらに、阿部はその後も抑えて東亜学園はピンチを逃れた。しかし、7回裏も先頭長久保が安打で出たもののかえすことが出来ず、ここまで4安打と山田に抑え込まれていた。

 緊迫の投手戦は8回に突入したが、この回の安田学園は會田勇気監督が、8番山田のところで代打今井を送り出すと、その今井は左前打で起用に応えた。バントで進み、その後二死となったが、2番由利君が右前打して二塁から、代走の宮崎がホームにかえった。試合の流れからしても、大きな2点目かなとも思われた。さらに、続く石井も二塁打で二、三塁としたが、ここは次の小川が阿部に抑えられた。