明大中野、しっかり右狙いで大量点!4投手継投でスキなし5回コールド

 昭和鉄道は初戦の都立日比谷戦で、2回表を終わって0ー2でリードされたところで雷雨ノーゲームとなり、再試合で勝って3回戦に進出したツキもある。一方ノーシードながら強豪の明大中野にとっては、3回戦は難しさもある。初戦(2回戦)のような緊張感があるわけはなく、4回戦は順当なら帝京との対戦が待っている。ややもすると、その間の3回戦では、ポカンとスキができる可能性がある。しかし明大中野のベテラン・岡本良雄監督は、そのあたりは十分に心得ている。昭和鉄道のエース、左腕の有我 光洋は、ゆったりとした変化球をコーナーに投げ分けるタイプだ。今後に備えて速い球を打つ練習をしつつ、遅い球には前に突っ込まないよう、右方向に打つことを徹底した。

 1回表明大中野は、死球と敵失で1点を先制。2回表は走者2人を置いて、先発投手でもある8番・上田 時生の二塁打で2点を追加。さらに2番・八幡 優介の中前適時打などでこの回5点。3回に6点、4回に2点、5回に2点を入れて試合をリードした。

 投げては、秋は控えだったが夏はエースに抜擢された上田が、1回表に1番の小林 泰臣に二塁打を打たれたものの、2回を投げて走者は小林だけで、奪三振5を記録した。上田をエースにした理由について岡本監督は、「冬の間自分なりに考えて練習ができていたように思います。その結果、エースになるという自負が芽生えたように思います」と語る。3回からは秋までエースだった杉崎 友則がしっかり抑え、4回は横手投げの坂井 翔、5回には1年生の松田 宗大が登板。いずれも落ち着いた投球で昭和鉄道打線を抑えた。

 昭和鉄道は安打2本に抑えられての大敗であったが、最後まで気持ちを切らさず立ち向かったことは、評価できる。勝った明大中野は、次は帝京との対戦だ。岡本監督は、「常にチャレンジャーです」と、語った。

(取材=大島 裕史)

刻々と変わる首都・東京の動きを早く・詳しくお伝えします。
そして、甲子園切符をつかむチームは…夏の高校野球東京大会の試合も熱くお届けします!
TOKYO MX「news TOKYO FLAG」(月~金 午後8時~  土・日午後6時~)