都立の強豪のプライドの前に立ちはだかった、目黒日大・落合のエースのプライド

 都立篠崎は近年結果を残せていないが、6年前の夏はベスト4に進出した都立の強豪。特に印象に残っているのは、選手1人1人がしっかりフルスイングをしていることだったが、その伝統は、このチームに生きている。

 目黒日大は公式戦初登板の池田 秀麿が先発。立ち上がり明らかに力んで、球が高めに浮いている。1回表都立篠崎は1番・澤田 恭輔が四球で出塁すると、すかさず二盗。2番・佐藤 勇樹の中前安打であっさり先取点を挙げた。さらに二死一、二塁から6番・平山 一輝が右前安打を放ち、さらに1点を追加した。さらに3回表には二塁打の3番・神崎 皇成がワイルドピッチで生還して1点を追加した。

 ここで目黒日大は投手を池田からエースの落合 悠太に交代した。落合は、初戦は熱中症のため、本来の投球ができなかった。しかしこの日は、気持ちのこもった力投を披露。そのことが流れを目黒日大に呼び込んだ。3回裏目黒日大は1年生の秋から主将の當山 竜祥の二塁打などで2点を返す。

 都立篠崎の先発・伊藤 輝はスリークォーターから丁寧な投球をしていたが、3回、4回につかまった。4回裏目黒日大は、二死になったものの、1番・油井 佑樹が四球で出ると、すかさず二盗。2番・小西 歩夢の左前安打で油井が還り同点。小西も盗塁し、3番・酒井 皓哉の中前安打で小西が生還して逆転した。

 逆転されても都立篠崎は、目黒日大の落合に積極的に立ち向かったが、落合の投球の方が勝り、得点を挙げることができない。その一方で都立篠崎の先発の伊藤や、7回途中から、遊撃手からマウンドに立った平山は、再三ピンチを招くものの、丁寧で粘り強い投球で追加点を許さず、4-3。わずか1点差で目黒日大が勝ち4回戦に進出した。目黒日大は1年生から試合に出ている選手が多く、接戦でも安定した試合ぶりだった。4回戦ではと対戦する。

 一方都立篠崎も、6年前のベスト4の快挙は決して色褪せずに受け継がれていることを示した。2年生が多いチームである。秋以降の健闘を期待したい。

文=大島 裕史

刻々と変わる首都・東京の動きを早く・詳しくお伝えします。
そして、甲子園切符をつかむチームは…夏の高校野球東京大会の試合も熱くお届けします!
TOKYO MX「news TOKYO FLAG」(月~金 午後8時~  土・日午後6時~)