淑徳・力投派中村が、高輪・技巧派白石に投げ勝って公式戦初勝利を初完封で飾る

 江戸川区球場の2試合目は淑徳高輪の一戦が繰り広げられる。

 この試合はタイプの違う2人の投手が締まった試合展開を演出してくれた。
 先にマウンドに上がった淑徳先発・中村伸郁は力投派投手だ。背中の後ろから腕が見えるほど大きなモーションで動き出していき、「肩甲骨の柔軟性なら自信があります」という柔らかさを活かして、右腕を遅らせる形で最大限身体を使って、力のある真っすぐを投げ込む。135キロ前後が最速だと中村は自負するが、「スピンを意識しています」という質の高さには自信を持っている。

 意識としては球持ちをよくしてボールに回転を加えるようにしており、そのおかげもあり春先に2,200回転を計測したとのことだ。このボールに対して高輪の白石大翔主将も「スピードとボールの伸びが凄かった」と打席の中で感じた中村の高回転の真っすぐを話しており、高輪打線は苦戦を強いられることになった。

 対する高輪の先発・白石は技巧派投手だ。上手く力の抜けた投球フォームから、真っすぐと緩いカーブ系のボールを巧みに混ぜる。中村のようなパワーはないが、あまり四球を出さず、安定して巧みな投球術を見せて、相手打線から打たせて取る投球でアウトを重ねた。

 しかし技巧派の投手は、失投が長打に繋がりやすい。ストレートは130キロほど出るとはいえ、甘いボールは禁物だ。白石もそれを理解したうえで、秋の大会を終えてからの成長が大きかったと振り返る。

 「監督から『スラッターを覚えてみたらどうだ?』とアドバイスをもらったんです。それで練習をしていくうちに習得はしましたが、投球の幅を広げる意味でも、スライダーとカットボールの両方をしっかり使えるように練習して覚えました」

 球速は落ちるが、その代わりに曲がり幅の大きいスライダーと、球速を落とすことなく小さく曲がるカットボールを使いこなすようになった。これを内外とコーナーに集めることで、技巧派右腕・白石の投球の引き出しが増え、相手打線に的を絞らせない投球術を確立させた。