都立大森・荒川VS東京・大場白熱の投手戦! 中尾殊勲の二塁打で都立大森が勝つ

 都立大森東京の一戦は、延々とゼロ行進が続く、最近では珍しい投手戦になった。都立大森のエース・荒川 慧は、地肩の強さを感じさせる力強い球を投げ、西野 凌平監督が試合後、「ベストピッチング」と称える投球をし、東京の大場 早登は、変化球を駆使し好投した。両チーム、点が入る気配を感じない、投げ合いだった。

 数少ない得点機としては、2回表、この回先頭の4番・中尾 勇太が二塁打で出塁したが、5番・荒川の遊直で併殺になった。東京は7回裏、8番・水谷 唯翔が敵失で出塁し、9番・大場がきっちり送り一死二塁としたが、1番・寺澤 健剛の遊ゴロで三塁に向かい飛び出し、あっさり刺された。少なくとも遊撃手が一塁に送球した後スタートしてもいいケースで、「実戦感が少なすぎました」と東京の松下浩志監督は語る。

 結局勝負がついたのは9回表だった。都立大森は二死一、二塁のチャンスで、小学生の時から4番を打つことが多く、「長打しか狙っていませんでした」という4番の中尾は、この場面では冷静に状況をみていた。カットボールなど変化球のキレが良かった東京の大場だが、「相手も力勝負で来る」と直球勝負を予想していた。1ボール2ストライクからの4球目、「気持ちで抑えていこう」と、高めで空振りを狙った大場の球はやや低く入ったのを逃さす、中尾はレフトオーバーの二塁打を放ち、1点を先制。1-0で都立大森が投手戦を制した。

 都立大森の荒川は被安打3,四死球2,失点0。東京の大場は被安打5,与四死球3,失点1の内容。両投手の頑張りと、守備陣の健闘が印象に残る好勝負だった。

文=大島 裕史

2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会東東京大会
■開催期間:2019年7月7~7月27日(予定)
■組み合わせ表【2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会東東京大会】
■展望コラム【東東京大会展望!二松学舎大附の夏三連覇を阻むチームは現るか?東東京大会を徹底解剖!】
■一打者速報【朋優学院と文教大付の戦いをチェック!】