都立文京、横手投げ左腕・林の好投に応え、押し出し四球で逆転勝ち

 都立文京日体大荏原という、都立と私立の強豪同士の対戦。都立文京は林 将吾、日体大荏原は宇藤 武蔵という左腕投手同士の対決。ただし宇藤は本格派であるのに対し、林は横手投げとタイプは違う。林はもともと一塁手で高校に入って投手になり、体が横回転ということで、1年生の冬に横手投げにしたという。

 左腕投手にとって立ち上がりは重要なポイントだが、1回表日体大荏原は内野安打と四球で一死一、二塁としたが、4番・石黒 大志は遊ゴロの併殺に倒れた、その裏都立文京は1番・板倉 勇一が四球で出塁したが、2番・鍛冶 亮太の時に三振ゲッツーになり得点できない。

 ここから投手戦が始まるが、3回表に日体大荏原は敵失で二塁に進んだ9番・菊池 聖を1番・小穴 涼太郎が左前安打で還し1点を先制した。

 試合の中盤になると雨が降り出し、5回が終わったところで試合は45分中断する。この中断が試合の流れを変えた。再開後の6回表の日体大荏原は三者凡退に終わる。その裏都立文京の攻撃で、この回先頭の4番・岩田 真門はストレートの四球で出塁する。ここで日体大荏原は宇藤に代えて、投手陣の柱の1人である右腕の石川 幸希を投入する。しかし石川は安打1本と四球による走者を出して満塁になり、8番・内堀 碧大の右前安打で都立文京は同点に追いついた。さらに二死満塁から1番・板倉が四球を選び押し出し。逆転に成功した。