昨夏8強の都立城東が7回コールド勝利 都立八丈は初の試合に収穫掴む

 昨夏は独自大会でベスト8まで勝ち残りながらも、今大会はノーシードでスタートした都立城東が初戦を迎えた。駒沢球場で都立八丈と対戦し、7回コールド勝ちを掴んだ。

 「初戦でしたので、ガチガチでした」と都立城東・内田監督は語りながらも、初回、都立八丈先発・菊池明博から2番・佐藤タイラーの内野ゴロで倉田明空が先制のホームを踏むと、続く5番・西浦勇翔のタイムリーで2点目を記録する。そして2回には1番・倉田が今度はタイムリーを放ち、いきなり4点のリードを奪った。

 この試合で結果として4安打を記録した1番・倉田は、軸足にあらかじめタメを作った状態でボールを待つ。すり足で左足を踏み込んでいき、軸回転でボールを捉えていくが、ティーバッティングを通じてミート力に磨きをかけてきた。秋はメンバー外だった倉田だが、ここまでの成果を4安打という形でアピールした。次戦以降も打線の火付け役として注目だ。

 3、4回にも追加点を重ねた都立城東の先発峯岸叶も、4回までは1人もランナーを出さない完璧な投球で、都立八丈からアウトの山を築く。4回終わって8対0と、都立城東が投打の歯車をしっかりとはめて、試合の主導権を握る形になっていた。

 何とか反撃に出たい都立八丈は、5回に5番・川口虎生が四球を選ぶと、7番・菊池駿良がヒットを放ち、チャンスを作った。これで二死ながら二、三塁と、あと一本というところまで来たが、都立城東・峯岸の前にホームが踏めず、5回を無得点に抑えられた。

刻々と変わる首都・東京の動きを早く・詳しくお伝えします。
そして、甲子園切符をつかむチームは…夏の高校野球東京大会の試合も熱くお届けします!
TOKYO MX「news TOKYO FLAG」(月~金 午後8時~  土・日午後6時~)