修徳・床枝魁斗が完封飾る 都立雪谷は次世代の逸材が快投



修徳・床枝魁斗 ※写真は今春の都大会より

 どちらも甲子園出場実績をもつ修徳都立雪谷の両チームが2回戦で激突した。平日にもかかわらず多くの観客、報道陣も集まった。

 多くの観客が注目するなか、試合は2回、修徳が4番・佐藤 大空のヒットからチャンスを作ると、6番・牧野 颯太のタイムリーで先制に成功する。さらに3回にも1番・間島 玉喜の追加点となるタイムリーで修徳が2対0とした。

 この2点を追いかけて都立雪谷は再三チャンスを作ったが、ホームを踏むことは出来ず。修徳の注目右腕・床枝 魁斗都立雪谷を完封し、修徳が3回戦進出を決めた。

 「初戦ということもあり、硬くなってしまいました」と床枝は振り返ったが、回を重ねるごとに安定した投球を見せた。自身が目指す勝てる投手としての役割を十分に果たした。「仲間と一緒に成長出来るように頑張ります」と次戦へさらなる成長を誓った床枝のピッチングに期待したい。

 そして敗れた都立雪谷は、床枝の情報を集め「マシンは150キロに設定して、手投げも手前から投げてもらいました」と対策もしっかりと立ててきた。その成果もあってか、確実に床枝のボールを捉えていた。その点に関しては「やろうとしてきたことは出来ましたし、役割を果たせていたと思います」と伊達監督は選手たちの頑張りを評価した。

 それでも「思った以上に球威もボールの伸びも凄かった」と3番に座った渡邊 顕人が話すように、あと1本を出して得点に結びつけることが出来なかった。点数を奪い、リズムに乗ることが出来れば、試合展開はもう少し違っていたものになったかもしれない。そう考えれば悔しい結果だろう。