3年生マネージャーのために 下級生11人の連合チームが挑んだ夏

 11日の江戸川区球場の3試合目は、京華と青井・足立東・三商の3校連合チームが対戦した。

 初回、後攻の京華は3番・田村悠太朗のタイムリーで先制すると、2回に2点、3回に3点を追加するなど小刻みに点数を重ねる。3校連合も京華を追いかけようと、4回に3番・広渡大貴のヒットなどでチャンスを作る。ここで1点でも返して流れを変えたいが、京華の先発・岡田翼の前にホームが遠い。

 すると京華は7対0で迎えた4回、8番・手塚裕貴の犠牲フライや相手のエラーなどで一挙に6点を追加する。13対0と試合を決定づけた京華は連合チームの5回の攻撃を0点に抑えてゲームセット。5回コールドで京華が勝利した。

 この試合、両チームのメンバーを見ると、京華は19名がベンチ入りして3年生は7人入った。残りの12人は1、2年生で先発メンバーには「制球が安定していて、一番試合を作れる」ということで1年生の背番号11・岡田がマウンドに登るなど4人を起用して、現時点で信頼できる京華のベストメンバーで挑んだ。

 その中で初戦で勝利したことは「ほっとしています」と飯塚監督は胸をなでおろした。また公式戦初先発の岡田は「普段はあまり緊張しませんが、この試合はさすがにお客さんもいて緊張しました。でも今回で分かったので、次回は大丈夫だと思います」と次戦以降は経験を活かして、初回から平常心でピッチングをしていくことを誓った。

 一方で敗れた3校連合は11名がベンチに入り、3年生の選手は誰もない。マネージャーの長谷部美夢さんが唯一の3年生だった。