強力打線・順天が獨協を7回コールドで下して3回戦へ!


 11日の江戸川区球場の2試合目は私立勢対決となった。獨協順天による一戦は、順天が力を発揮した。

 1対1で迎えた3回、順天は3番・日野泰伸のタイムリーで勝ち越しに成功すると、4回には2番・山口大登のタイムリーと相手のさらエラーで4対1とリードを広げた。さらに6回には順天5番・崇田武遵と6番・関谷典実が二死から三塁打を放つなど、一挙4得点で8対1と試合を決めた。

 最後はエース・野々村太晟が獨協の攻撃を締めて、7回コールドを成立させた。

 順天はヒット9本で8得点と、小技を絡めながら確実にチャンスをモノにする理想的な攻撃を展開した。この点に関しては順天の齋藤監督も「1つ1つやるべきことをやってきたからこそ流れが来た」と納得している様子だった。

 そんな手堅い攻撃の中で、一際存在感を放つのは、6回に三塁打を放った崇田と関谷の2人だ。オーソドックスなバッターが並ぶ順天打線の中で、2人のバッティングにはパンチ力、そしてスイングが個性的だ。

 5番・崇田は突っ立った状態に近く目線は高いが、ノーステップで視線のズレが少ない形でタイミングを取る。テイクバックも取らないため、反動をほとんど使わないフォームだが、バットにボールを上手く乗せてボールを運んでいくだけの技術とパワーがある好打者だ。

 その後ろに座る6番・関谷は打ちにいくときに左半身が伸びあがるようなしぐさがあるが、それが力強いスイングと相まって、痛烈な打球を飛ばしていく。5回の第3打席は記録上エラーだったが、ピッチャーへの強烈なライナーも放っており、怖いバッターだ。